16日夜、菅義偉内閣が正式に発足、菅総理大臣が記者会見を開いた。

 質疑応答では、「安倍政権の中枢にいた立場として、負の側面も継承するのか。森友・加計、桜を見る会、河井克行・案里夫妻の選挙違反などの追加検証についてどう考えるのか」との質問が出た。

 これについて菅総理は「客観的におかしいことは正していかなければならないし、皆さんの声に謙虚に耳を傾けながらしっかり取り組む」と回答。「公文書改ざん問題については処分も行ったし、検察の捜査も行われて結論も出ている」とした一方、「桜を見る会については、招待客が多くなったこともあり、この機に来年以降は中止する」と述べた。

 また、行革担当相に起用した河野太郎氏前防衛相に期待することとしては、自身の経験から「縦割り、既得権益、前例主義の打破」とし、「例えば“縦割り110番”のような、国民の皆さんから現実にこんなことが起きている、というものを設けたらどうかと指示した」とコメントした。(ANNニュース)