日商会頭“新内閣バランス取れた人選”評価

写真拡大

日本商工会議所の三村明夫会頭は、菅義偉新内閣の陣容について、将来の“アフターコロナ時代のベースをつくる年”としてバランスの取れた人選だと評価する考えを示しました。

三村明夫会頭「将来のアフターコロナ時代のベースとなる年ですので安定した陣容が大事。しかし、強い豊かな国でないと国民を守れない」

日商の三村会頭は、新政権の閣僚の顔ぶれについて「継続・安定」と「改革・推進」の2つの面が入ったバランスの取れた内容だと評価しました。また、今後も新型コロナウイルスのようなパンデミックが起きたり、自然災害が増えたりする中で、「強く豊かな国」でなければ国民を守れないと指摘しました。

具体的には、災害などのリスクを吸収できる財政運営や生産性向上のためのデジタル化の推進が必要としています。三村会頭は、日本のデジタル化の遅れを挽回するためにも、新政権が官庁の縦割り行政や規制、既得権益を打破し、改革を進めることに期待感を示しました。