「一緒に住もうか」同棲を始めるキッカケやタイミング

写真拡大



「付き合ってそろそろ一年。結婚も視野に入ったことだし、ステップアップとして、そろそろ同棲も考えたいけど、自分で言い出すもの勇気がいるし」


彼女の方から同棲を言い出すのは、抵抗がありますよね?やっぱりこういう大切なことは、彼の方から言ってもらいたいものです。それでは同棲を始めるきっかけや、タイミングについて説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

■同棲を始めるキッカケはどんな時?

2人の関係が安定してきた時は、同棲を始めるキッカケになりやすいです。最初はジェットコースターのようだった恋も、少しずつ安定してきて、「この人なら信頼できそうだな」そんな思いを抱いたときに、一緒に暮らしてみたいと思うことが多いようです。


そして、ある程度付き合いの長いカップルのどちらかが、もしくは両方とも仕事が忙しくて、すれ違いが続いた時、「一緒に住んだら、毎日会えるのに」そういう思いが、同棲を始めたいと思うキッカケになるようですね。

■同棲を始めるタイミング

「そろそろ同棲してもいいかも」
一体どんな時がベストな時期なんでしょうか?まずは記念日でしょう。付き合って一周年記念や、三周年記念。お互いの誕生日でもいいですよね?そろそろ同棲するタイミングかも。



そんな2人の気持ちを、記念日が後押ししてくれることでしょう。

引っ越しの時も絶好のタイミングになります。いずれ一緒に住むことを考えているのなら、その時期に同棲を開始すれば、今後はもちろん生活費を折半していけます。そして浮いたお金を結婚資金に回せば、バッチリですよね?


このタイミングで、
「記念日に、思い切ったことを決断するのもいいかも」

「生活費、別々なのも、なんだかもったいないよね」

と彼に言ってみるのもいいでしょう。嬉しい展開が待っているかもしれませんよ。

■彼に「一緒に住もうか」と言ってもらうためには?

「もしかして断られるかも」
男性の方も、同棲を言い出して、彼女に断られるのが怖いと思っているかもしれません。将来、結婚を考えているから、その前に一緒に住みたい。でも、彼女がもしかして結婚まで考えていなければ、同棲を断られる可能性があると男性は考えます。



同棲を言い出せない男性の多くは、彼女が魅力的すぎて、
「どうして彼女は俺と付き合っているんだろう?」

「俺のどこがいいんだろう?」

と思っています。謙虚なタイプなんですね。だから、ますます言い出せない。



もし彼女の方が、彼に愛されていると確信があるのなら、
「朝、目を合わせて、毎日おはようを言い合える仲になりたいね」

「○○君の入れてくれるコーヒー、毎日飲みたいな。それだけで元気になれるから」
と、同棲ならいつでもOKだよということを、さりげなく伝えておきましょう。


「一緒に住もうか」と、彼が決定打を放ってくれるかもしれませんよ。

■まとめ

「一緒に住もうか」
という言葉は、女性にとって夢のような言葉ですよね?でもその一言を彼から引き出すためには、時間をかける覚悟が必要でしょう。あせりは禁物。マイペースな男性は多いですから、ゆっくりと時間をかけて、2人の仲を育むことを第一に考えましょう。



信頼関係がしっかりと築けたら、「彼女と一緒に住めたらいいな」と、彼が思う日が必ず来ます。そうなれば、彼女の方もなんとなく感じるはず。その時こそグッドタイミングですから、さりげなく彼を後押ししてみましょう。
(ハウコレ編集部)