もがく斎藤佑樹

写真拡大

 日本ハムの斎藤佑樹投手が16日、イースタン・リーグのロッテ戦(鎌ヶ谷)に3回から救援登板し、1回を投げて1本塁打を含む被安打2の2失点だった。

 3回の先頭打者・藤原から空振り三振を奪い、平沢もニゴロに打ち取って順調な滑り出しを見せたものの、続く細谷に左前打で出塁を許すと、山口に左翼スタンドへ2ランを運ばれ手痛い失点を許した。

 右腕はこの回限りで降板。今季一軍初昇格を目指す斎藤にとって、苦しい戦いが続いている。