「おそ松さん」史上最もカオスなエンディング曲!

写真拡大 (全3枚)

「おそ松さん」史上最もカオスなエンディング曲!
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

人気テレビアニメ「おそ松さん」第3期のエンディングテーマが、総勢9人のユニット「Shuta Sueyoshi with Totoko♡Nya & 松野家6兄弟」による楽曲「Max Charm Faces 〜彼女は最高♡♡!!!!!!〜」に決定した。

同曲のメインボーカルを務めるのは、パフォーマンスグループ「AAA」のメンバー・末吉秀太としてもおなじみ、ダンサーで歌手のShuta Sueyoshi。Shutaの歌声とともに、トト子(CV:遠藤綾)と橋本にゃー(CV:山下七海)が激しい掛け合いを繰り広げ、さらには6つ子(CV:櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)も合いの手で参加。第1期のエンディングテーマ「SIX SAME FACES 〜今夜は最高!!!!!!〜」も手がけたテクノポップユニット「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」が作詞作曲を担当した。

「おそ松さん史上最もカオスでハチャメチャなエンディングテーマ」だという同曲。メインボーカルのShutaは、「素敵でユニークな作品に携われて非常にうれしく思います。とても難しい曲なので歌入れの時は何気に苦戦しました。笑 豪華な声優の方々とご一緒させていただけたことも個人的にとてもうれしく、楽しんでRECさせていただきました」と振り返っている。

トト子役の遠藤は、「『えいがのおそ松さん』の『ネコとディスコとサカナ』みたいな感じになるのかなあ? と思っていましたが……末吉秀太さんのヴォーカルにトト子、にゃー、6つ子が合いの手を入れるという盛りだくさんな内容だったので、『うわあ、思ってたのと違う!』と新鮮な印象を受けました」と告白。橋本にゃー役の山下は「学生時代にAAAさんのパフォーマンスを見て、『歌って踊ることってすごい!』と思ったことが今の活動につながるきっかけとなっているので、メンバーにも驚きました」と明かし、「末吉さん、トト子役の遠藤綾さん、松野家6つ子キャストの皆様とご一緒できるなんて、とてもうれしいです」と参加の喜びを語っている。

また「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」は、同曲について「『おそ松さん』らしくカオスな内容になっております。エンディングを毎話楽しんでいただけるように趣向を凝らしておりますので、どうぞご笑味ください」とコメントを寄せている。

「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」のキャラクターが大人になった現代が舞台のアニメシリーズ。作品のみならず作中の音楽も人気で、第1期のエンディングテーマは日本レコード協会のゴールドディスクを受賞。第2期のエンディングテーマは、1966年生まれのアーティスト総勢27人が参加した豪華編成が話題を呼んだ。10月12日からテレビアニメ第3期がスタートする。