気象庁HPに不適切な広告 掲載停止に

写真拡大

15日に掲載を開始した気象庁のウェブサイト上の広告の中に不適切なものが見つかり、広告の掲載が停止された。

気象庁は、ウェブサイトの運営費に充てるため、15日午後2時からウェブ広告の掲載を始めた。

運用にあたっては、法令違反のおそれがある内容の広告は認めないなど、厳しい掲載基準を設けていたが、成分表示が不明確なヘアケア用品の広告などが掲載されたため、すべての広告の掲載を停止し、経緯について調査している。

防災情報を発信するページに広告を掲載することには、疑問の声が上がっていた。