TISは9月15日、最小限のコーディングでアプリケーション開発が可能なローコード開発基盤製品「OutSystems」を、エンタープライズで活用するための「OutSystems導入支援サービス」を開始することを発表した。

「OutSystems導入支援サービス」による高速開発イメージ

「OutSystems」は、カスタムアプリケーションを素早く作成して動かすことができる「ローコード開発基盤」製品。

今回開始する「OutSystems導入支援サービス」は、「OutSystems」を導入する顧客に対しし、計画立案から運用保守、およびコンサルティングまで全方位でカバーするサービスだ。

現行踏襲型のシステム刷新からアジャイルによる新たなシステムの構築まで、様々なシステム開発パターンに対応できるという。

サービス内容は、OutSystems導入/展開プロジェクト計画立案の支援、システム化要件の実現性や生産性の検証、OutSystems開発におけるテクニカルコンサルティング、OutSystemsによるシステム開発の実施、および継続的な改善を前提とした運用保守サービスとなっている。

なお、提供価格は要件により個別見積もり。