監督・斎藤工の最新映画『ATEOTD』門脇麦&宮沢氷魚が終末世界に生きる孤独な男女役に

写真拡大

斎藤工が監督を務める短編映画『ATEOTD』(アテオット)が、2020年9月25日(金)よりイオンシネマほかで全国公開。

監督・斎藤工の最新短編映画

『ATEOTD』の監督・企画・脚本を務めたのは、俳優・フィルムメーカー・白黒写真家など、マルチに活躍を続ける斎藤工。

本作は、斎藤が監督を務め話題を呼んだシンガーソングライター・安藤裕子の楽曲「一日の終わりに」のミュージックビデオを、短編映画として製作したものだ。映画のタイトルは、「一日の終わりに」の英訳“At the end of the day”の頭文字から付けられた。また、映画に登場するすべての絵は、安藤裕子が手掛けている。

舞台は、100年に一度の疫病が蔓延する終末世界。家族も失い、自身もまたその病に蝕まれる運命を背負いながら、天涯孤独にただ日々その一日を生きぬく男女の儚い夢と希望を繊細に描きだす。

キャストに門脇麦&宮沢氷魚

安藤裕子の楽曲とイラストがもつ唯一無二の世界観と、齊藤工のイマジネーションが合わさる物語を支えるのは、2人の実力派俳優。

孤独に生きる男女に、『さよならくちびる』のほか『チワワちゃん』で主演を務めた門脇麦と、『映画 賭ケグルイ』『騙し絵の牙』の宮沢氷魚が抜擢されている。

【詳細】

『ATEOTD』
公開日:2020年9月25日(金)よりイオンシネマほかで全国公開
監督:齊藤工
脚本:齊藤工
原案:齊藤工
出演:門脇麦、宮沢氷魚
音楽:安藤裕子
配給:イオンエンターテイメント

■ストーリー

2120年。人類は自らが引き起こした新型細菌ウィルスにより滅びゆく運命を辿っていた。終末世界の片隅、生命活動が許されたシェルターのなかで、生きる意味を見失いながらも日々孤独に暮らす女と男。ふたりとも微かな両親の記憶はあるもののほかには誰にも会ったことがない。そんな「個」として生きるふたりの唯一の希望は、一日の終わりの刹那、この世界のきっと、どこかにいるかもしれない“あの人”を想うことだったー。


【写真付きで読む】監督・斎藤工の最新映画『ATEOTD』門脇麦&宮沢氷魚が終末世界に生きる孤独な男女役に

外部サイト