アニメ『ゴールデンカムイ』第3期のキービジュアル (C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

写真拡大

 10月5日よりTOKYO MXなどで放送されるテレビアニメ『ゴールデンカムイ』第3期のキービジュアル第2弾が公開された。Wキービジュアルとなっており、極寒の地・樺太でそれぞれの旅路を進む杉元たち、アシリパたちの姿が描かれている。

【動画】樺太編開幕!『ゴールデンカムイ』PV第2弾

 また、今月19日より、博物館明治村にて『ゴールデンカムイ』のコラボイベントが開催。明治村内を周遊しながら謎を解き明かすリアル謎解きゲームのほか、作中に登場するシーンやキャラクターをモチーフとしたコラボグルメなど、作品の世界観を堪能することができる。

 『ゴールデンカムイ』は、明治時代の北海道を舞台にし、アイヌが遺したという大金を手に入れるため、元兵士の杉元佐一がアイヌの少女・アシリパと行動をともにし、一攫千金を夢みるサバイバルストーリー。原作漫画が2014年から『週刊ヤングジャンプ』で連載がスタートし、『マンガ大賞』など数々の漫画賞を受賞。コミックスは累計1300万部突破しており、テレビアニメが18年4月〜6月に第1期、同年10月〜12月に第2期が放送された。

 第3期は、第七師団の鶴見中尉と手を組んだ杉元と谷垣源次郎は、アシリパを捜索するための先遣隊に志願。月島軍曹と鯉登少尉を同行者として樺太を目指す。北海道よりさらに北に位置する極寒の地で、それぞれの旅路を進む杉元とアシリパを待ち受けるものとは? 極寒の地で新たな局面を迎える生存競争サバイバル、樺太編が開幕する。