JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT/CC)は9月11日(米国時間)、「複数のマイクロソフト社製品のサポート終了について」において、Microsoftが提供している複数の製品およびサービスが2020年10月13日(米国時間)をもってサポートが終了するとして注意を呼びかけた。サポートが終了すると、開発元からテクニカルサポートやバグ修正、セキュリティアップデートなどを受け取ることができないため、新たに発見された脆弱性などによる被害を受ける可能性がある。

10月13日にサポートが終了する製品およびサービスの情報は以下の通り。

2020 年 10 月 13 日に Office 2010 の延長サポートが終了します!

Office のバージョンと Office 365 サービスへの接続 | Microsoft Docs

Exchange 2010 のサポート終了のロードマップ - Microsoft 365 Enterprise | Microsoft Docs

Office 2010はすでに2015年10月13日をもってメインストリームのサポートが終了しており、この度延長サポートも終了する。これは、セキュリティ更新プログラムの提供も含むすべてのサポートが終了することを意味している。Office 2010のユーザーに対しては、Microsoft 365またはOffice 2019への移行が推奨されている。

Officeのサポートライフサイクル 資料: Microsoft

Office 365サービスへの接続は、2020年10月13日以降は次のバージョンのOfficeのみがサポート対象になるという。

Microsoft 365 Apps for enterprise (旧称Office 365 ProPlus)

Microsoft 365 Apps for business (旧称 Office 365 Business)

Office Professional Plus 2019 などの Office 2019

Office Standard 2016 などの Office 2016

Office 2013などの旧バージョンのOfficeはサポート対象外となるため、時間の経過とともにパフォーマンスや信頼性の問題に直面する可能性があるという。

Exchange Server 2010は、2020年10月13日はテクニカルサポートやバグ修正プログラム、セキュリティの修正、タイムゾーンの更新などのサービスが提供されなくなる。引き続きインストールすることはできるが、可能な限り早くMicrosoft 365、Office 365、またはExchange 2016に移行することが推奨される。