中国で小学生のうつ病や自殺未遂が増加 コロナ対策で閉校措置

ざっくり言うと

  • 中国の研究者らが13日までに、新型コロナ対策をめぐる調査結果を公表した
  • 小学4年生から中学校までの計1241人の精神衛生面について調査
  • 閉校措置に伴い、生徒のうつ病や自殺未遂が増加したことを報告している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x