内田篤人氏がJFA新役職「ロールモデルコーチ」に!! 14日からU-19代表活動参加

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は13日、今夏限りで現役を引退した元鹿島アントラーズの内田篤人氏を新役職「ロールモデルコーチ」に任命したと発表した。最初の活動として、14日に始まるU-19日本代表候補トレーニングキャンプ(非公開)に参加する。

 発表によると、内田氏は世代別代表チーム、若年層の強化・普及に関わる活動に参加する予定。世界の舞台で培った経験や知見を後進の育成に活かす狙いがある。

 反町康治技術委員長は「内田氏は代表レベルではW杯2回、オリンピック、U-20W杯と様々世界大会に出場し、またクラブレベルでも鹿島アントラーズのリーグ3連覇やシャルケのUEFA チャンピオンズリーグベスト4進出に貢献するなど、国内外で数多の経験を有しています。この経験と知識は日本サッカー界にとって大きな財産であり、これから世界を目指す選手たちのロールモデルとして多くのものをもたらしてくれることを願っています」とコメント。内田氏はJFAを通じて「頑張ります!」と短く意気込みを伝えている。