ASTROのMJ、初主演ミュージカル「ジェイミー」を好評のうちに終了“たくさんのことを学んだ…いただいた愛と応援を忘れない”

写真拡大 (全5枚)

ASTROのMJがミュージカル「ジェイミー」最後の公演を成功裏に終了した。

MJは11日、デビュー後初のミュージカル「ジェイミー」の最後の舞台に上がり、観客に深い余韻を残し、ときめきに満ちた旅程にピリオドを打った。

ミュージカル「ジェイミー」は、ドラァグクイーンになりたい17歳の高校生ジェイミーの夢と挑戦、そして家族の愛を描いた作品で、MJは周囲の冷たい視線にも負けず夢を諦めないジェイミーを演じ、好評を得た。

初のミュージカルを無事に終えたMJは、「僕の初のミュージカル挑戦を応援してくださった多くの方々に本当に感謝します。いつも助言を惜しまずしてくれた監督、先輩俳優の方々、すべてのスタッフのおかげで初のミュージカルを無事終えることができました。また、公演を見に来てくださった観客の方々にも感謝の言葉を申し上げます」と伝えた。続けて「ミュージカル『ジェイミー』と主人公『ジェイミー』から多くのことを学ぶことができた。作品から得た教訓と観客の方々からいただいた愛、応援を忘れずに今後も挑戦し続ける姿をお見せします」と誓いながら終演の感想を述べた。