ワンダーラスト、あるいは越境への欲望

今年の春と夏は鎌倉の自宅でたっぷりと過ごすことになった。それは素晴らしい時間だった。庭仕事に精を出し、Zoomに疲れたら、海の家がない長閑な浜辺で夕陽を眺めた。そして、このまま人類が移動しない未来について、SF的想像力を巡らせた。

「ワンダーラスト、あるいは越境への欲望:雑誌『WIRED』日本版VOL.38の発売に際して、編集長から読者の皆さんへ」の写真・リンク付きの記事はこちら

今号のテーマ「Wanderlust」は旅行熱と訳されたりするけれど、その原義は「世界を探求したいという強い欲望」のことだ。人類は180万年ほど前にアフリカを出発すると、つい数カ月前まで、地球上を絶えず移動し続けてきた。ぼくたちの祖先であるホモ・サピエンスはその道中でネアンデルタール人と交雑し、アジアでデニソワ人とも交雑しながら、やがて南米大陸まで到達した。いつの時代もワンダーラストとは、文字通りのイノヴェイション(異種混交)とグローバリゼーションを誘発するものだった。

その典型が「コロンブス交換」だ。1492年に探検家で奴隷商人のクリストファー・コロンブスがバハマ諸島に到達し、大西洋を挟んだ両大陸がつながったことで、太古のパンゲア大陸のように、あらゆる農作物や動物や菌が混ざり合い、鉱物資源や人が行き交うようになった。その影響はあらゆる文明に及んだ。サイエンスライターであるチャールズ・C・マンの名著『1491』と『1493』は、都市と耕地を擁する豊かな文明が広がる当時の米大陸の様子を描いている。ただ人々には、侵略者が持ち込む病原菌への免疫がなかった。パンデミックが瞬く間に拡がり、当時ヨーロッパよりも多かった人口は地域によって数%にまで激減する。

他方でこの交換は、現在に続くグローバリゼーションを決定づけた。例えば人々の食卓は基本的により豊かになった。拙宅の庭の畑で育ったトマトや唐辛子も、たまに庭先に遊びにくる野生のアライグマも、この交換によってユーラシア大陸に運ばれたのだ。

コロンブス交換は、「均質新世」をもたらしたといわれることがある。生態系の均質化は(人はみな同じものを食べ、同じ病気になる)、テクノロジーによる文明の均質化(車輪に乗り冷蔵庫を使いスマホを操る)と相まって、多様性を驚くほど急激に失っている。ネアンデルタール人やデニソワ人が絶滅へと追いやられ、アメリカ大陸の先住民が激減したように、いまや人類の手によって地球上で「6度目の大絶滅」が進行し、種の半分は2050年までに消滅するともいわれているのだ。

COVID-19によるパンデミックは、生命の多様性が失われるその過程で、いわば必然として起こった。人類史において初めて人の移動が止まり、ぼくたちは日々、旅行熱にうなされている。旅とは人々にとって(少なくとも20代の頃のぼくにとっては)、同調圧力の強い社会で均質化し自律性を失っていく自己に抗い、他者を見いだすことで世界を拡げ更新する行為だった。Google Earthが地表を覆い尽くし、旅先の風景がInstagram越しの憧憬の確認作業になった21世紀においてでさえ、身体の内奥に疼くワンダーラストは、均質化を進めながら、同時にそれに抗えと欲望する。

大航海時代に本格化した地球規模での物質(アトム)の交換は、いまや地球規模での情報(ビット)の交換へと変わろうとしている。ぼくたちはアトムを動かす代わりにビットを動かす文明に移行しつつあるのだ。あらゆる物質が情報化され、ネットワーク化され、現実世界に重ね合わされるミラーワールドが到来すると、大航海時代がそうであったように、そこではあらゆるものが出合い、イノヴェイションが生まれ、同時に収奪や不均衡や独占が起こるだろう。コロンブス交換のように、言語による情報の分断も、AIによって再統合されるだろう(バベルの塔以前にあったとされる単一言語は、さしずめパンゲア大陸というわけだ)。それは言葉に根ざしたヴァナキュラーな文化をますます均質なものにする一方で、アトムとビットが重なるコモングラウンドが築かれるまでは、新たな分断が次の“大航海”を促すだろう。

人類の尽きせぬワンダーラストは、あらゆる身体の感覚と意識の拡張を総動員した旅へとぼくたちをかき立てる。その欲望が古今東西の偉大なるトラヴェローグを生み出したように、次の芸術や哲学を生み出し、自然や生命を育む環境を用意し、AIやALife(人工生命)といったまだ見ぬ他者への想像力と共感の幅を拡げて、地球規模での新たな生命圏をつくりだすだろう。

「世界を探求したいという強い欲望」は、いまや次なるグレートジャーニーを準備する。それはアトムとビットを越境することで世界の均質化に抗い、新たな異種混交を生み出すだろう。これまでの人類の旅路がそうだったように、道は決して平坦ではないはずだ。それでもワンダーラストを止めることは誰にも(ウイルスにだって)できない。さあ、出立の準備だ。

※この記事は英語版も公開されています。英語版の記事はこちら