◆セントウルSの狙い目は?>>

 秋競馬がいよいよスタート。その開幕を飾る重賞は、サマーマイルシリーズ(※)の最終戦となるGIII京成杯オータムハンデ(9月13日/中山・芝1600m)だ。
※夏競馬を盛り上げるために行なわれている重賞のシリーズ戦(一部、リステッド競走も含む)。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にしたものが『サマースプリントシリーズ』、芝1600m戦を対象にしたものが『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦を対象にしたものが『サマー2000シリーズ』。そして、それらすべてのレースを対象にしたものが『サマージョッキーズシリーズ』。それぞれのシリーズチャンピオンには褒賞金が与えられる。

 過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気は2016年から2018年まで3連勝を飾っているが、馬券に絡んだ(3着以内)のはその3回だけ。加えて、トップハンデの実績馬も未勝利で、2着2回、3着2回とパッせず、波乱含みのレースであることは間違いない。

 そしてまた、馬券検討においては、見逃せないデータがある。同じサマーマイルシリーズのGIII関屋記念(新潟・芝1600m)から転戦してきた馬たちが、あまり結果を残せていないことだ。その点について、スポーツニッポンの小田哲也記者はこう語る。

「暑い夏に輸送してのダメージか、コースの適性か、その要因は定かではありませんが、過去10年で関屋記念からの転戦組は延べ54頭が出走していて、1勝、2着5回、3着5回。とにかく、勝てないんです。2014年に唯一、クラレントが勝っていて、その時は1〜3着まで関屋記念組が独占しているのですが、実はこの年の京成杯AHは中山競馬場の改修により、新潟競馬場での開催だったんですよね」

 基本的に人気サイドの関屋記念組だが、そうなると、やや信用は置けない。代わって、小田記者は過去10年で6勝を挙げている"条件"に注目する。

「前走で重賞以外、3勝クラス(旧1600万下)やオープン特別を勝ってきた馬です。昨年勝ったトロワゼトワル、一昨年の勝ち馬ミッキーグローリーもそうでした。勢いがありながら、昇級初戦などでハンデがあまり重くならないことが、好走につながっているのかもしれません」



重賞初制覇を狙うアルーシャ

 そこで小田記者は、前走でオープン特別のパラダイスS(6月28日/東京・芝1400m)を勝ったアルーシャ(牝5歳)を穴馬候補に挙げる。

「重馬場だった3走前のGIII京都牝馬S(2月22日/京都・芝1400m)で17着と大敗したように、道悪は不得手のはずなんですが、前走のパラダイスSでは不良馬場をうまくさばいて勝利。今が、遅れてきた充実期なのかもしれません。

 実際、なかなか身が入らない馬でしたが、年明けのオープン特別・ニューイヤーS(1月18日/中山・芝1600m)の時と比べて、前走は馬体重がプラス10kg。それだけの成長が図れた分、不得意な馬場もこなせたのではないでしょうか。

 本質的には、開幕週の速い馬場のほうがいいタイプ。ハンデ55kgというのは、やや見込まれた感がありますが、それでも楽しみなほうが大きいです」

 小田記者はもう1頭、推奨馬を挙げる。前走で3勝クラスの新潟日報賞(8月1日/新潟・芝1400m)を快勝したアフランシール(牝4歳)だ。

「半姉に重賞2勝のブランボヌール、半兄に重賞級のエントシャイデンがいるアフランシール。自分の型にハマったレースができると、強さを発揮する血統です。

 前走も、ジョッキーがうまく乗ったことは間違いありませんが、脚をタメて終(しま)いでドスンッといった、この馬の型で結果を出しました。その型が板についてきた印象があって、今回は充実の4歳でありながらハンデ52kgというのも魅力。かなり面白い存在だと思います」

 さらに小田記者は、穴候補をもう1頭オススメする。

「シゲルピンクダイヤ(牝4歳)です。GIヴィクトリアマイル(6着。5月17日/東京・芝1600m)からのぶっつけですが、2016年にはGI日本ダービー(11着)からぶっつけのロードクエストが1着、ヴィクトリアマイル(15着)からぶっつけのカフェブリリアントが2着。そうした過去の例からも、侮れない存在と見ています。

 昨秋のGI秋華賞(京都・芝2000m)が464kgで、ヴィクトリアマイルが456kgという馬体重。正直、この春の成長は今ひとつですが、前走のヴィクトリアマイルでは、2着サウンドキアラとはコンマ3秒差と健闘しています。

 聞くところによると、この夏は20kg以上も馬体重が増えてパワーアップしているとのこと。ここに来て、父ダイワメジャーらしい成長力を見せているようで、ハンデ54kgもプラス。当日落ち着いていたら"買い"だと思いますよ」

 一方、デイリースポーツの大西修平記者は、関屋記念組に注目。4着ミッキーブリランテ(牡4歳)を穴候補に推す。

「前走の関屋記念では9番人気で4着と奮闘。2走前のGIII中京記念(7月19日/阪神・芝1600m)に続く好走(7番人気5着)で、重賞でも通用することを改めて証明しました。とはいえ、今回も近3走で先着を許した馬や、秋に向けて始動する実績馬の存在もあって、人気になりそうもなく、再度の激走を期待してみるのも悪くはないでしょう。

 関屋記念ではメンバー2位となる34秒2という上がりをマークし、4角14番手から追い上げました。逃げ馬が2着となった流れを考えれば、評価できる内容でしょう。

 前走のように長くいい脚を使えるのに加えて、一瞬の切れる脚も使えるタイプ。それを考えれば、小回りで直線の短い中山コースのほうが、条件は合いそうです。しかも、トロワゼトワル(牝5歳)やスマイルカナ(牝3歳)ら先行勢が多彩ゆえ、流れも向くのではないでしょうか。

 ハンデ54kgで臨めるのも好材料。そのうえ、自厩舎の馬で、脚の使いどころを知っている坂井瑠星騎手が手綱を取るとなれば、勝機は十分と見ます」

 大西記者ももう1頭、気になる馬がいるという。前走のオープン特別・朱鷺S(8月30日/新潟・芝1400m)で、7番人気ながら2着に突っ込んできたストーミーシー(牡7歳)だ。

「完調手前かと思った前走で2着と好走し、7歳夏を迎えても健在ぶりをアピールしました。斤量58kgを背負って勝ち馬とアタマ差なら、勝ちに等しい内容と言えますし、今回はハンデ57kg。条件が好転するのも大きいです。

 今回と同じ舞台で行なわれたオープン特別の東風S(3月15日/中山・芝1600m)も、斤量57kgで勝利。距離、ハンデともに問題ありません。さらに、中1週のローテーションでは2勝、2着1回、3着1回、着外1回と、間隔を詰めてもいいタイプ。速い時計にも対応できますし、枠順や展開の助けがあれば、上位に食い込んでくるはずです。

 重賞では過去に2度、馬券に絡んでいますが、いずれも中山・芝1600mのレースでした。14番人気で2着となったGIIニュージーランドトロフィー(2016年)と、9番人気で3着に入ったGIIIダービー卿チャレンジトロフィー(2018年)。二度あることは、三度あると思いますよ」 2015年には3連単で200万馬券が飛び出した京成杯AH。はたして、今年も思わぬ馬が大波乱を演出するのか。ここに挙げた馬たちが、その候補であることは間違いない。