「その時代の流行というか、トレンドと言いましょうか、売れっ子芸能人の顔は、よく似ているケースが多いものなのです」(芸能レポーター)

 今年放映された連ドラの中で最高視聴率をマークした『半沢直樹』(TBS系)で国土交通相・白井亜希子を演じている江口のりこ(40)は、2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』でヒロインを務めた安藤サクラ(34)にそっくり。

「2人共、髪を真ん中から分け、平安美人を細面にしたような顔立ちで、笑うと垂れ目気味になる。どっちがどっちなのかよく分かりません。ホント、よく似ています」(ドラマ制作スタッフ)

 見分け方の一つとしてよく言われているのがコレ。

「ニコニコして身長が低いのが安藤。いつもブスッとして笑わない背の高いのが江口です。安藤は160センチ。江口は170センチの長身です」(芸能ライター・小松立志氏)

 さて、『半沢直樹』もいよいよ後半からクライマックスへ。

「『東京中央銀行』に復帰した半沢が挑んでいるのが、『帝国航空』の再建プロジェクト。改革に向けて動き出しますが、一方で政府も再建に向けて乗り出し、国交相が銀行に債権を放棄させる案を打ち出す。そうなれば、同銀行は500億円もの損失を被る。銀行と国との大きな争いに発展していくという構図です」(TBS関係者)

 江口が演じている国交相は、テレビ局のアナウンサーから政界に進出した女性という役どころ。

「国民からの支持も高く、“半沢つぶし”の急先鋒。その後ろ盾が、柄本明演じる政界の重鎮。国交相が施設した再生チームのリーダーを務める弁護士(筒井道隆)とともに、半沢の行く手を阻んでいくところが見物です」(同)

 兵庫・姫路市生まれの江口は19歳の頃、役者を夢見て上京。1999年、先の柄本が主宰する『劇団東京乾電池』の研究生となった。

「ずっと柄本に憧れていたという“個性派”です。作品ごとに別人になりきる徹底した役作りと高い演技力で知られ、数多くの作品に出演しています」(演劇関係者)

 今回、江口と柄本はドラマ初共演となった。

「今となっては笑い話ですが、2年ほど前に亡くなった柄本夫人の角替和枝は、夫と江口がいつも一緒にいるので“できているんじゃないか”と疑ったこともあるそうです。江口は40歳で独身。今なら、何ら問題はありませんけどね。柄本は江口の“出世”をとても喜んでいるそうです」(芸能プロ幹部)

 2002年、『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』(大映)で映画デビューを飾ると、その後はドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)でのコメディアンヌぶりや、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)での中国人役など、幅広い演技で注目を集めてきた。

「“怪演”と言ってもいい作品もありましたが、これは、師匠・柄本と通じるものがあると思います」(演劇ライター)

★江口のりこヘア出し濡れ場

 そんな江口は“脱ぎっぷりのいい女優”としても評価が高いのだ。

「台本を読んで自分が納得したら、とことんやるタイプ。それこそ、お尻の毛まで見せるタイプです」(映画関係者)

 2004年の映画『月とチェリー』(ラブコレクション製作委員会)で初主演に抜擢されると、見事な騎乗位を披露。
「大学の官能小説サークルに所属する女子大生を演じました。小説のネタにするため、童貞・新入生の上に自ら乗っかっていったのです。Cカップのおっぱいがキレイでした。乳首は、あまり使い込まれていないと思われる淡いピンク色でした。また、映画『戦争と一人の女』(ドッグシュガームービーズ)では、ふさふさのアンダーヘアまで見せてくれました。『半沢直樹』のブレークで、ヘアヌード写真集のオファーが殺到するのは必至です」(大手出版社幹部)