女優・橋本環奈(21)が、10月15日スタートの深田恭子(37)が主演するフジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」に出演する。

 同ドラマは、昨年7月期に放送された同名ドラマの第2弾。深田演じる泥棒一族“Lの一族”の娘・華と、瀬戸康史(32)が演じる警察一家の息子・和馬の禁断の恋を描くラブコメディー。

 一部スポーツ紙によると、橋本が演じるのは、代々続く「名探偵一家」の娘で“令和のホームズ”を目指す北条美雲役。“ホームズの娘”として“ルパンの娘”と対峙するという。

 1話ではお下げ髪の中学生、2話ではメガネ&ポニーテールの女子高生、3話以降は社会人として登場するというから、“コスプレ”でファンを魅了しそうだ。

「地方のグループに所属していた時代に『天使すぎるアイドル』として人気者になった橋本。浮いたうわさがなく、ファンはいまだに“処女説”を信じて応援を続けている」(芸能記者)

 ところが、そんな橋本に暗雲が。

 8月30日放送のTBS系「アッコにおまかせ」の放送で、某女性芸能リポーターが、「超大物スポーツ選手Sと女優の熱愛」ネタを披露。 後日、一部メディアが、Sはプロ野球・巨人の坂本勇人(31)、相手の女優は橋本環奈(21)だと報じ、ネット上で話題になってしまった。

「坂本といえば、球界を代表するヤリチン。そんな坂本の“夜のバット”の餌食になっているとしたら、環奈ファンは一斉に離れそうだったが、複数のメディアがその報道を否定する記事を掲載。ファンたちは胸をなで下ろしているようだ」(同)

 橋本サイドも安堵しているはずだ。