志村けんさんと相葉雅紀

写真拡大

 志村けんさんが新型コロナ感染により亡くなって半年が過ぎようとしている。“園長”不在のまま放送されてきた「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ)も、16年以上続いた人気番組も9月末で幕を下ろす。10月からは相葉雅紀(37)の「I LOVE みんなのどうぶつ園(仮題)」がスタートすることが発表されている。ところが、この期に及んでキャスティングで揉めているという――。

 ***

【写真】志村けんさんが愛した女性たち 好みの女性には、ある共通項が…

 8月22日、「24時間テレビ」(日テレ)の中で放送された「誰も知らない志村けん−残してくれた最後のメッセージ−」の視聴率は22・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。

志村けんさんと相葉雅紀

 コント番組しかやらないと思われていた志村さんが、なぜ「志村どうぶつ園」の企画を受けたのか。番組の立ち上げから、彼が亡くなるまでを、日テレのディレクターの視点から描いたドラマだった。

 企画が発表された当初、亡くなったばかりの志村さんを題材にすることへの反発もあった。しかし、ドラマとドキュメンタリー、そして彼が好きだったビートルズなどの音楽を融合した“スペシャルヒューマンストーリー”が好評だったことは視聴率が物語っている。

16年以上続いた超優良コンテンツ

 日テレ関係者が言う。

「やはり、志村さんが日本中から好かれていたということでしょう。また、『志村どうぶつ園』は日テレの土曜夜7時、ゴールデンタイムに放送される超人気番組でしたからね。もし、志村さんが亡くなっていなければ、お元気なうちはずっと続いたでしょう。最近のバラエティ番組のように、ヤラセやイジメ、人を傷つけるようなこともなく、可愛い動物とのふれあいをただひたすら見せるという超優良番組でしたからね」

「志村どうぶつ園」はずっと続くから

 志村さんが亡くなってからは、“飼育係”の相葉がMC代役を務めていた。

「以前『志村どうぶつ園』で相葉くんが志村さんについて語ったシーンは、『24時間テレビ』のドラマでも放送されました。相葉くんは志村さんに心酔していましたから。彼は、嵐の他のメンバーが役者として売れていくのを見て悩んでいたところ、志村さんから励まされたことを、恩義に感じているんです」(同)

 志村さんは相葉にこう語ったという。

〈焦るんじゃないよ。相葉くんには『志村どうぶつ園』があるでしょ? ドラマは3か月で終わるけど、『志村どうぶつ園』はずっと続くから。俺が続かせるからね〉

「相葉くんのみならず、他のレギュラー陣も『志村どうぶつ園』はずっと続くと思っていたでしょう。もちろん志村さんは他のレギュラー陣のケアを忘れませんでした。収録前にはみんなで車座になって、和ませてからスタジオに入るなど、出演者たちの結束力もある番組でした」(同)

 それが10月から、相葉を中心にリニューアルされるわけだが……。

「新番組『I LOVE みんなのどうぶつ園』を担当するプロデューサーは当然、この番組も『志村どうぶつ園』のように10年以上、20年は続けられる番組にしたいと考えたようです。そこでMCの相葉くん以外は、すべて一新。つまり現在のレギュラー出演者を総取り替えという決断を下したのです」(同)

「志村どうぶつ園」の相葉以外のレギュラーは以下の通り。

●山瀬まみ(50)
●タカアンドトシ(タカ[44]、トシ[44])
●DAIGO(42)
●ハリセンボン(近藤春菜[37]、箕輪はるか[40])
●滝沢カレン(28)

「プロデューサーとしては、長寿番組を見据えて若返りを図りたいのでしょう。芸能界にはペット好きタレントが多く、自分のペットを番組に出演させることもできる。なにより所属事務所にとっては、タレントの好感度も上がるし、子供たちからの人気も得られる。うちのタレントをレギュラーにしたいと考える芸能事務所は、いくらでもありますよ」(同)

 ところが、話はそう簡単ではなかった。

マネージャーたちの結束も固かった

「それで個別にタレントのマネージャーと会い、『今まで、お疲れ様でした』と伝えたんだそうです。しかし、タレントにとっても美味しい番組を、『はい、そうですか』とみすみす手放す芸能事務所などありません」(同)

 見落としていた問題があったという。

「長寿番組で出演者たちに結束力があると言いましたが、マネージャー同士の結束も固かったんです。隔週でスタジオ収録があり、ロケでも一緒になるわけです。出演者のみならず、マネージャーたちも仲が良かった。お互いに連絡先を交換し、日テレとは全く関係のないところで連絡を取り合っていたといいます。そのため、あるレギュラー出演者のマネージャーに番組卒業の打診をした直後には、他のマネージャーにまで情報が筒抜けとなる状況だったそうです」(同)

 レギュラー出演者のマネージャーたちにとって面白いわけがない。

「労働組合ができてしまったような状況だそうです。“なぜ、辞めなければいけないのか”、“志村さんの力も大きいが、我々レギュラー陣も長寿番組にするために貢献してきた功労者ではないか! こんな扱いは許せない!”というわけです」(同)

 分からぬ言い分ではないが……。

「『志村どうぶつ園』に限らず、最近のテレビ番組はレギュラーの高齢化が進んでいます。“地上波は、おじさんおばさんばかりが出演している”という若者のテレビ離れにつながっているとも考えられています。プロデューサーとしては、レギュラー出演者を卒業させて、新しいキャストを追加する新陳代謝を繰り返さないと、視聴率が低迷してしまうという悩みもあるでしょう」(同)

 さて、最終的にどんなメンツになるのやら……。

週刊新潮WEB取材班

2020年9月11日 掲載