◆堤礼実アナ、「夏充実」作戦でオウチがビーチに!?

 9月13日、中京競馬場でG競札鵐肇Ε襭咫兵1200m)が行なわれる。

 このレースは、10月4日に行なわれるG汽好廛螢鵐拭璽今咫蔽羯魁深1200m)の前哨戦。2018年のファインニードル、2019年のタワーオブロンドンと、ここ2年続けて同レースの勝ち馬がスプリンターズSも勝利しており、重要なステップレースとなっている。

 今年はかなりの豪華メンバーが揃った。とくにG宜眈承楜念(中京/芝1200m)で好結果を残した馬が3頭おり、2017年の勝ち馬セイウンコウセイ、2019年の勝ち馬ミスターメロディ、今年のレースで1位入線ながら4着に降着となったクリノガウディーが出走を予定している。


昨年に高松宮記念を制したミスターメロディ

 そして今年の大きなポイントは、京都競馬場の改修による開催日程の変更により、例年なら阪神競馬場で行なわれるこのレースが中京で開催されるということ。高松宮記念と同じ「中京/芝1200m」での争いとなり、先に挙げた高松宮記念で好走した馬たちが上位にくる可能性が高いだろう。

 その中でも、ミスターメロディ(牡5歳/栗東・藤原英昭厩舎)に期待したい。同馬は昨年の高松宮記念を3番人気で優勝。スッと好位4、5番手につけ、追い出されてからも鋭く伸びるというセンス溢れる走りで、勝ちタイム1分07秒3は歴代3位(レースがG気乏幣紊欧気譟距離が2000mから1200mに短縮された1996年以降)の好タイムだった。

 しかし、その後は4戦して未勝利。昨秋には地方交流GJBCスプリント(浦和/ダート1400m)に出走し、1番人気に推されながら6着と敗れ、今年の出走は11着に終わった6月のG軌妥諜念(東京/芝1600m)のみとなっている。

 3月にはUAEのドバイでG汽▲襯オーツスプリント(芝直線1200m)に出走する予定だったが、現地に入ったものの、直前になって新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。走ることなく帰国するという予定外の事態になっただけに、出走数が少ないのは仕方がない面もあった。

 安田記念以降は、今回のセントウルSを目標にじっくりと調整され、いい状態に仕上がってきているようだ。中京の芝コースでは高松宮記念のほか、3歳時のG轡侫.襯灰鵤咫兵1400m)も勝利しており2戦2勝。ダートも含め全4勝がすべて左回りという"サウスポー"でもある。

 父は、米三冠馬ジャスティファイを出した世界的種牡馬のスキャットダディという貴重な血統の持ち主であり、将来は種牡馬としても期待されている存在。この秋に、もうひとつビッグタイトルを加えておきたいところだ。

 もう1頭は、高松宮記念で好走した馬ではないが、ビアンフェ(牡3歳/栗東・中竹和也厩舎)を挙げたい。

 このレースは3歳馬の健闘も目立っており、過去10年では2012年にエピセアロームが6番人気で、2015年にはアクティブミノルが10番人気で勝利した。ほかにも、2018年の2番人気ラブカンプーが2着。2019年には7番人気ファンタジストが2着、3番人気イベリスが3着に入っている。

 ビアンフェは、昨年のG携ヾ曖穏丕咫僻ヾ曄深1200m)、前走の葵S(京都/芝1200m)と芝1200mの重賞を2勝。2歳重賞とこのレースの関連性は高く、前述のアクティブミノルは函館2歳Sの勝ち馬、ファンタジストも2歳夏のG珪倉2歳S(小倉/芝1200m)の勝ち馬だ。

 ビアンフェは前走を勝っていて勢いがあるし、1200mでは4戦して3勝、2着1回と実に安定した成績を残している。過去に好走した3歳馬よりも期待値は高いと言える。

 中京競馬場での出走は今年3月のファルコンSのみで、9着と敗れているが、同レースは初めての重馬場だったため馬場適性が影響したのだろう。稍重馬場までなら問題ないはずだ。 以上、今年のセントウルSは実績馬ミスターメロディと、勢いがある3歳馬ビアンフェの2頭に期待する。