熊本市の側溝で見つかった女性の遺体 熊本大の35歳研究員と判明

ざっくり言うと

  • 熊本市の道路脇の溝で女性の遺体が発見された殺人・死体遺棄事件
  • 9日、遺体で見つかったのは熊本大学の35歳研究員だと分かった
  • 司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死と判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x