コロナを巡り事実と異なる報告をした福岡市議「意識が朦朧としていた」

ざっくり言うと

  • コロナ感染時、保健所の調査で事実と異なる申告をした福岡市の鬼塚昌宏市議
  • 9日、市議会本会議に感染判明後初めて出席し、報道陣の前で謝罪した
  • 鬼塚市議はこの日も「(感染症で)意識が朦朧としていた」と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x