三菱電機 スマートシティ・ビルソリューション公式Webサイト

三菱電機は、ビル設備データのクラウドでの利活用を可能にする同社独自のスマートシティ・ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille」(ヴィルフィーユ)を用いたビル運用支援サービスを10月1日より発売する。

エレベータや空調、照明や換気や給湯などなど人々が集うビルには多くの設備が備わる。これらから得られるデータを蓄積し、利活用することで未来社会が求める都市空間を創り出そうという「Ville-feuille」。AIやビッグデータ解析など先端の技術を用いるビルIoTプラットフォームは、パートナー企業がAPIを通じて独自のアプリケーションを実装できるなどオープンなスキームも用意している。ビルオーナーに向けて独自の便利なアプリケーションやサービスを提供することも可能なものだ。

10月1日からは「Ville-feuille」を活用したサービスが順次発売される。エレベーターと連携する"ロボット移動支援サービス"は、ロボットに対してエレベーターの乗降タイミングを指示できるアセットを提供。警備や清掃、物品運搬などに活躍する複数のロボットがエレベーターによる上下階移動を行えるようになる。また、クラウド上に電力使用量などのデータを蓄積、BEMS(Building Energy Management System)データ分析やZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)計画値/実績値比較も可能となる"エネルギーマネジメントサービス"も予定されている。