リコーは、同社のクラウド型サイネージ配信「RICOH Digital Signage」に対応するセットトップボックス(STB)新製品を9月15日より発売する。

「RICOH Digital Signage STB Type2」(同社資料より)

「RICOH Digital Signage STB Type2」はクラウドを通じて各拠点に自在にコンテンツを配信するデジタルサイネージ配信「RICOH Digital Signage」のエッジデバイスで、同社のSTB最上位モデルに位置する。設置しやすいようスタイルも一新されたType2は大きさで70%、重さ54%と小型軽量化が図られており、4K(3840×2160)出力や5GHz帯に対応、ストレージ容量も16GBと倍増させている。また、タッチパネル向けのサイネージにも対応している。近日提供予定の新機能の複数コンテンツを再生できる画面分割レイアウトとあわせることで、新たなデジタルサイネージ体験が街中やフロアに広がりそうだ。

非対面での情報発信やコミュニケーションのニーズが高まっており、同社はオフィスや店舗、工場や金融機関や医療機関など多くのシーンで手軽に情報をタイムリーに流通させることで、生産性や売上拡大などユーザーの支援を行っていく構えだ。