『電車でGO!! はしろう山手線』発売決定

写真拡大

 スクウェア・エニックスは9日、PlayStation4、Nintendo Switch用ソフト『電車でGO!! はしろう山手線』を発売することを発表した。PS4版は12月3日に発売し、希望小売価格は7800円(税別)。※Switch版は後日発表。

【ゲーム画像】運転席から見た景色!リアリティーある山手線の風景

 タイトーにより1996年にアーケードで誕生し、その後家庭用ゲーム機などにも移植されると、「運転士体験」という全く新しいゲームジャンルが老若男女問わず受け、一大ブームを巻き起こした、電車運転シミュレーションゲーム「電車でGO!!」。『電車でGO!! はしろう山手線』は、そのシリーズの最新作となる。

『電車でGO!! はしろう山手線』は、タイトーとスクウェア・エニックスの強力タッグのもと作られ、アーケード版に続き、スクウェア・ エニックスの映像制作集団ヴィジュアルワークス部が制作を手掛ける。

 新駅「高輪ゲートウェイ」の追加により改めて注目度が増した山手線を、運転士になってぐるっと一周。忠実に再現された「高輪ゲートウェイ」駅も登場する。山手線をフィーチャーした同作では、アーケード版で人気の要素はもちろん、家庭用ならではの多彩なモードを楽しめる。

 アーケード版の再現度はそのままに、自宅でも運転士体験ができ、PS4 では「VRモード」も搭載し、山手線E235 系の運転席から臨場感あふれる映像を堪能できる。