ソニーは9月8日、FeliCa Standard非接触ICカード向けの次世代ICチップを開発したと発表した。新ICチップおよび新チップを搭載したカード製品の量産開始は、2020年11月頃を予定している。

新たなICチップは、現行のFeliCa Standard ICチップと互換性を保ちつつ、クラウドと連携したデータ管理が可能になっており、第三者の不正利用を防ぐFeliCaセキュアID機能を搭載している。

FeliCaセキュアIDは、ISO/IEC 9798-4に準拠したアルゴリズムを実装しており、読み出し時に改竄検知が可能。これにより、電子決済やオンラインサービスなどにおいて、サービス事業者が顧客情報の管理やサービス内容の変更・更新をクラウド上で柔軟かつ安全に行える。

同社は、FeliCaセキュアID機能の有効活用に向けて、クラウド側で本IDの認証や管理を行うプラットフォーム環境の整備についても検討していく。

FeliCaセキュアIDの仕組み

加えて、異なるサービス事業者間で、それぞれの既存システムを生かしながらお互いのサービスを追加し、データ連携ができる機能(拡張オーバーラップ機能)も新たに搭載されている。