TIOBE Softwareから、2020年9月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。TIOBE PCIは、複数の検索エンジンの検索結果から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。2020年9月におけるインデックスは次のとおり。

9月TIOBE Programming Community Index / 円グラフ

9月TIOBE Programming Community Index / 棒グラフ

TIOBE Softwareは2020年におけるC++の動向について、2003年にピークを迎えて以来下落傾向を続けてきたC++が増加傾向を示しているとの見方を示した。その要因としては「C++20」が挙げられている。

プログラミング言語C++向けのISO/IEC標準の最新版は2017年に出版された「ISO/IEC 14882:2017」であり、「C++17」の通称で知られている。C++20はこの標準の次の改訂版になる予定で、2020年の出版が予定されている。C++の注目度が上がっている背景にはC++20があるというのがTIOBE Softwareの指摘内容だ。C++20にはインクルードに代わる新しいモジュール機能が導入されるなど注目されているといった説明が行われている。

一方、長期にわたって1位を維持していたJavaは下落傾向が続いてきたが、2020年もその傾向が継続している。すでに第1位はC言語に譲っており、Javaは下落傾向にある。