8月31日(月)、スリムクラブ・真栄田がTwitterを更新。フリマアプリ『メルカリ』で起こった“悲劇”を報告し、ファンから様々な反響が寄せられています。

“メルカリあるある”に励ましの声

出典: @slimmaeken

今回、真栄田は「メルカリで値段交渉して下がった瞬間に他の人に買われた」と報告。出品者と値段交渉を行ない、値下げに至ったようですが、真栄田が購入する前に他の人に買われてしまった模様です。

交渉だけ行ない、肝心の商品を手に入れることができなかった真栄田は「悔しさより笑ってしまった8月の資本主義経済。」と、複雑な心境を告白しました。

なんとも空しい結末に、ファンからは「あるあるですね かなりショックですよね」「なんとゆうタイミングの悪さ 笑って忘れましょ」と励ましの声が寄せられるなか、「OK貰うと同時に専用にしてもらわないと〜www」という具体的なアドバイスも見られました。

内間は“サイン”にまつわる勘違いを…

そんな真栄田の相方・内間は以前に、芸能人ならではの恥ずかしい勘違いを明かし話題となりました。

「お食事処利用者全員にレシートの裏にサインを書いて貰うシステム」の食事処を訪れたという内間。しかし芸人としてサインを求められたのだと勘違いした内間は、仕事用のサインをしてしまったのだとか。これにファンからも「恥ずかしい!」「さすがでございます」との声が寄せられていました。

『メルカリ』での出来事を報告した真栄田に対し、ファンから「あるある」と共感の声が寄せられた投稿でした。