ソフトブレーン・フィールドは9月7日、マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy」を活用した「外食サービスの利用」に関する分析結果を発表した。

今回、利用が増えたといった内容のコメントが見られた外食チェーン5社「すき家(ゼンショーホールディングス)」・「ケンタッキーフライドチキン(日本KFCホールディングス)」・「丸亀正麺(トリドールホールディングス)」・「スシロー(あきんどスシロー)」「サイゼリヤ(サイゼリヤ)」を選び(レシート枚数順)、外食全体のレシートから5社利用のレシート出現率から分析を実施。調査期間は2020年2月〜6月まで、利用した外食チェーン利用のレシートは合計12万694枚。

6月の出現率が最も高かったケンタッキーフライドチキンは、2月から5月における出現率が約3%台だったのに対し、6月はレシート枚数が754枚から1,596枚に上昇し、出現率が6%に増加した。

その理由として、「ケンタッキーのテイクアウトのシステムがしっかりしている(30代男性)」、「マクドナルドとケンタッキーのドライブスルーは接触が最小限なので利用が増えた(40代女性)」といった、ドライブスルーを含めたテイクアウトのオペレーションを挙げるコメントが寄せられているほか、在宅勤務中のランチ需要の拡大も好調な理由と考えられるという。

また、最もレシートが多かったすき家は、2月の出現率は7%台、3月は4%台に落ち込んだが、4月から6月にかけては6%台をキープし、特に緊急事態宣言中の4月は外出自粛などの制限がありながらも、前月から出現率の2%以上の上昇を見せた。

「すき家」については、気軽に食べることができ、家族分購入した場合でも、コストパフォーマンスのよさを挙げるコメントが多く見られたという。

レシートから見る5社レシートの出現率 資料:ソフトブレーン・フィールド