厚労省が新型コロナの手引きを改訂 短距離ではエアロゾル感染の可能性も

ざっくり言うと

  • 厚労省は7日までに、新型コロナの診療に当たる医療従事者向けの手引を改訂
  • 短距離では、エアロゾル(浮遊する微粒子)による感染の可能性があると指摘
  • 改訂は4日付で、従来は感染経路に飛沫と接触の2種類を挙げていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x