劇団俳優座 No.342「心の嘘」より。

写真拡大 (全3枚)

劇団俳優座「心の嘘」が、去る9月4日に東京・俳優座 5F稽古場で開幕した。

【この記事の画像・動画(全7件)をもっと見る】

これは、アメリカの劇作家サム・シェパードによる家族劇「心の嘘」を、眞鍋卓嗣が演出するもの。作品内では「妻を殺してしまった」という男の告白を発端に、2つの家族の歪んだ認識が描かれていく。出演者には松本潤子、加藤佳男、斎藤深雪、安藤みどり、志村史人、千賀功嗣、野々山貴之、飯見沙織が名を連ねた。

本作について眞鍋は「いつどうなるかわからない状況での稽古は正直複雑な気持ちでした。しかし、座組と劇団員の想いが詰まった初日にお客様が1人、2人と訪れてくださる姿を見ていると、とても感慨深く、また演劇行為が成立することの『奇跡性』を改めて感じました。今日で2ステージを終えました。残り17ステージ。ひとつひとつのステージがいつもより輝いて感じます。出来る限りの感染症対策を施し皆様のご来場をお待ちしています」と思いを述べた。

上演時間は休憩15分を含む約2時間40分。公演は9月20日まで。

■ 劇団俳優座 No.342「心の嘘」

2020年9月4日(金)〜20日(日)
東京都 俳優座 5F稽古場

作:サム・シェパード
訳:田中壮太郎
演出:眞鍋卓嗣
出演:松本潤子、加藤佳男、斎藤深雪、安藤みどり、志村史人、千賀功嗣、野々山貴之、飯見沙織