Appleデバイス間でデータ交換するには

iPadを使っている方の多くが、他のAppleデバイスも使っているのではないかと思う。仕事で使うことが多いならMacを、仕事で使わないとしてもiPhoneを持っている方は多いだろう。Appleのデバイスはデバイス間の連携も優れているので、価格を度外視すれば、複数のAppleデバイスを使うというのは悪くない選択肢ではある。

Appleデバイス間は「AirDrop」と呼ばれる機能を使ってファイルの交換が可能だ。写真、動画、PDFなどなど、さまざまなデータをやり取りできる。AirDropはUI/UXに明示的に表示されるため、知らずにこの機能を使っている方も多いだろう。そして、デバイス間でデータ交換を行う方法はほかにもあり、特に知っておきたい機能に「ユニバーサルクリップボード」という機能がある。

「ユニバーサルクリップボード」は、デバイス間でテキスト、写真、動画などのファイルをコピー&ペーストする機能だ。明示的にファイルを転送するというよりも、クリップボードにコピーしたデータが自動的にデバイス間で共有されるといった機能になっている。

ユニバーサルクリップボードを利用するための条件は上記の通り。比較的新しいデバイスとOSを使っていて、iCloudにサインインした状態でBluetoothとWi-Fiが有効になっており、そこそこ近くにデバイスが置いてあればよい。

また、Handoffと呼ばれる機能も有効になっている必要がある。

Mac: 設定アプリから「一般」を選択

Mac: 「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」

iPad: 設定アプリから「一般」→「AirPlayとHandoffを選択」

iPad: 「Handoff」を有効化

AirDropがあればファイル共有には困らないのだが、ユニバーサルクリップボードのほうが便利なことがある。この機能を知っていると知っていないのとでは、操作の手間が大きく変わってくる。今回はこの機能の便利なユースケースを取り上げる。

テキストのコピー&ペーストなら「ユニバーサルクリップボード」

iPadでテキスト入力するなら、物理キーボードを使いたいというのは連載の最初のほうで取り上げた。ソフトウェアキーボードでも慣れればある程度の量をそれなりの速度で入力できるようになるものの、やはり物理キーボードのほうがよい。

MacBook ProやMacBook Airを使っていると、MacBookで入力したテキストをそのままiPadにコピーしたいと思うことがある。iPadでのテキスト入力が面倒なので、できればMacBookで入力したテキストをそのままコピー&ペーストしたいと思うのだ。テキストファイルに保存してそれをAirDropで共有すればよいのだが、テキストをファイルへの保存、転送、開く、コピー、ターゲットアプリへペースト、といった操作が発生してとても煩雑だ。目の前でテキストだけがコピーできればよいのだ。

ユニバーサルクリップボードをこれを実現できる。例えば、Macでテキストをコピーする。

Macでテキストをコピー

これで完了だ。ユニバーサルクリップボードの条件が整っていれば、この段階でiPad側にもコピーが行われている。アプリを開いてペーストすれば、次のようにMacでコピーしたテキストをペーストすることができる。

ペーストしたいアプリを開き、ペーストする

Macでコピーしたテキストをペーストされる

ユニバーサルクリップボードはほかにもいろいろと使えるのだが、もっとも利点がわかりやすいのが、このテキストのコピー&ペーストだと思う。

ユニバーサルクリップボードはAirDropのように使うこともできる

AirDropやサードパーティが提供するクラウド経由の同期サービスよりも便利かどうかは別として、ユニバーサルクリップボードはAirDropのように使うこともできる。例えば、手書きの書類とiPadで手書きした書類をPDFに加工するといった操作は、iPadを使ったほうがサクッと終わる。こうしたデータをMacに持っていきたいといったこともある。

iPadで手書きの書類を取り込んでPDFへ加工していく

作成したPDFへをコピーする。これで準備完了だ。

作成したPDFをコピーする

MacでFinderを起動する。

MacでFinderを起動

Finderでペーストを行うと、先程iPadでコピーしたPDFがペーストされる。

iPadで生成したPDFがペーストされる

ペーストされたPDFをMacで開いたところ

この作業はAirDropで行ったほうが直感的のような気もするが、ユーザーによるかもしれない。また、クラウドサービスを使って同期しておいたほうが便利なので、わざわざ直接コピー&ペーストする必要はないような気もする。その辺りも、ユーザーの使い方次第といったところかと思う。

しかし、ユニバーサルクリップボートという機能を使ってクリップボード経由、いわゆるコピー&ペースト経由でテキストやファイルの交換が可能であることは知っておいて損はないと思う。特に、デバイス間でテキストデータを直接コピー&ペーストできることは知っておきたい。これを知っているのと知らないのとでは、作業の効率が変わってくるからだ

付録