風刺画の再掲載に反発の声 仏大統領は「冒涜する自由」を主張

ざっくり言うと

  • フランスの風刺週刊紙が襲撃された連続テロ事件を巡る公判が2日に始まった
  • 合わせて、同紙はイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載
  • 反発の声の一方で仏大統領は「フランスには冒涜する自由がある」と主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x