ウェブ会議ツール「Zoom」が9月1日のアップデートで追加した、参加者の画面を任意に並び替えられる機能に賛否が分かれている。日本企業の会議で一般的だった「役職者を"上座"に配置」することも可能に。今後は、こうしたビジネスマナーがウェブ会議にも持ち込まれる可能性が懸念されている。

参加者の並び替えは、画面右上の表示から「ギャラリービュー」を開き、参加者のビューをドラッグアンドドロップすることで、それぞれの参加者が任意の順番に並び替えられる。

使い方はアイデア次第、オンライン飲み会でも使える?


主催者が「ホストのビデオの順番に従う」にチェックを入れることで、主催者が指定した順番でロックすることも可能。参加者それぞれの画面にも反映され、主催者以外は表示順を変更できなくなる。

Zoomのアップデートサイトでは「Custom gallery view organization」(カスタムギャラリービュー機能)として紹介されており、日本の"上座"に配慮したという記述はない。ツイッターでも「上座の考えはクソやと思うが、並べ替え出来るとかは便利機能と思ってる」という人がいた。

キャリコネニュース編集部でも試してみたところ、

「大学生のオンライン飲みで、気になっている人同士を隣に配置してくっ付けたりできそう」

というアイデアもあり、ウェブ会議に"上座"が必要かどうかを差し置いても、便利な機能であることは間違いない。結局のところ、評価は使い方次第で分かれるのだろう。