気象予報士の天達武史が「週末に上陸する恐れがある台風10号はとてつもなく危険で、特別警報級です」と注意を呼び掛けた。

3日(2020年9月)には気象庁と国土交通省が異例の合同記者会見を行った。台風10号は、あす5日から6日にかけて猛烈な勢力のまま沖縄や奄美地方に接近、猛烈な勢力を維持したまま九州に接近、上陸の恐れがある。沖縄付近では瞬間最大風速は85メートルに達するとみられ、過去に例のない特別警報級の台風となる見込みだ。

10メートルを超える「一発大波」が怖い

小倉智昭キャスター「大きいよね。進路予想が昨日と比べて九州寄りになっているのが嫌ですね」

山夕貴アナ「特別警戒はめったに出るものではないそうです」

天達気象予報士「大雨、暴風、高波、高潮。すべてに注意が必要。特に、2時間に1回くらいで予測の倍くらいの波が来る『一発大波』には注意してください。10メートルを超えることもある」

小倉キャスター「今のうちに準備してほしい」