疲れているときに会いたいと思われているか、思われていないか。これは結構重要なポイントで、あなたに対する思いというのが明確になります。忙しいときに連絡してこないとしたら、彼はあなたに癒やしを求めていないのかもしれません。一体、どんな女性が疲れていても会いたいと思わせるのでしょうか?
ということで今回は、「疲れているときに会いたくない女性」と「疲れているときに会いたい女性」の特徴をそれぞれご紹介します。

疲れているときに会いたくない女性

他力本願

どこに行くか、何をするか、いつも決めるのが男性ばかりだと疲れちゃいますよね。会いたいという気持ちが彼にあったとしても、面倒くさいという気持ちが勝ってしまうのです。
さらになかなか会えないことですねたりすると、余計に彼の気持ちは離れていってしまいます。

とにかく疲れる

「ノリが一緒で楽しい」と友達の延長で付き合うことになったパターンだと、楽しいときは楽しいのですが、疲れているときはそのテンションがしんどかったりしますよね。
また、たとえ派手めな格好の子が好きだとしても、家でゴロゴロしたいのに彼女の服装に気合いが入っていると「どこかにつれていかないといけないのか」とプレッシャーに感じてしまいます。

疲れているときに会いたい女性

いつも笑顔

忙しくてなかなか会えなくても、不満を言ったりイライラしたりしない。そんな優しくていつも笑顔な女性のために、男性は絶対に時間を作ります。なぜならその笑顔に癒やされたいからです。
ちなみに疲れている彼に笑顔でいられる女性は、寂しくなかったわけではありません。会えないことでストレスもたまりますが、それは他の方法で発散しているということです。ストレスを彼にぶつけるとうまくいかなくなってしまうので、趣味を楽しんだり友達と会ったりしてうまいこと解消しているのです。

一緒にいるとポジティブになれる

ネガティブなスパイラルから引っ張り出してくれるような一緒にいて楽しい女性が彼女なら、彼は必ず会いに来ると思いますよ。
仕事のトラブルに遭っていた場合、彼は彼女に対して「まずは話を聞いてほしい」「それから共感してほしい」「そして傷つかないように引っ張り出してほしい」と思っています。そんな彼女に会うことで彼は救われて、また明日から頑張ろうという気持ちになれるのです。

まとめ

言いたいことをなんでも言い合えるのが良い関係なのかというと、そうとも限らないと思いますよ。相手への配慮があれば飲み込むことも必要になってくるからです。あなたはどちらのタイプでしょうか?