ナチスが略奪したフランスの絵画 持ち主を見つけ出すため展示

ざっくり言うと

  • 第2次世界大戦中にナチスが占領下のフランスで略奪した19世紀の油彩画
  • 現在、仏ベルダンにある「平和、自由、人権世界センター」で展示されている
  • 元の所有者を見つけ出す目的があり、作品に関する情報提供も呼びかけている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x