Net Applicationsから2020年8月のタブレットOSのシェアが発表された。2020年8月はiPadOSとiOSがシェアを増やし、Androidがシェアを減らした。AppleはiPadのオペレーティングシステムをiOSからiPadOSへと切り替えた。これに応じるようにiOSのシェア減少とiPadOSのシェア増加が続いていたが、2020年7月と2020年8月はiPadOSとiOSの双方がシェアを増やした。これに合わせるようにAndroidはシェアの減少を続けている。

個別に見るとAndroidのほうがシェアが大きいように見えるが、iPadOSとiOSのシェアの合算値は60.81%と6割を超えており、39.19%のAndroidよりも大きなシェアを持っている。

2020年8月タブレットOSシェア/円グラフ - Net Applications

2020年8月タブレットOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications

2020年8月タブレットOSシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年8月タブレットOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications