ヤマハは2021年1月より中規模会議室向けの遠隔会議用サウンドソリューション「ADECIA(アデシア)」を発売する。

設置された中規模会議室のイメージ(同社資料より)

「ADECIA」は、天井に設置されるシーリングアレイマイクロフォン(「RM-CG」)と専用のシグナルプロセッサー(「RM-CR」)を中心に構成され、同社の"音"と"ネットワーク"研究から導かれる数々の機能が搭載されている。

天井に設置するシーリングアレイマイクロフォン「RM-CG」

遠隔会議用プロセッサー「RM-CR」

発言者の音源方向を瞬時に検知するダイナミックボイストラッキングや遠隔会議におけるエコー除去「適応型エコーキャンセラー」、各出席者のマイクとの距離の違いや発声量の違いから生じる音量差を改選する「オートゲインコントロール」、空調のノイズを軽減する「ノイズリダクション」、人の声と雑音を自動判別する「HVAD(Human Voice Activity Detection)」と多彩。

215(W)×260(D)×44(H)mm、質量1.6kgのコンパクトなRM-CRでは、オーディオネットワーク規格「Dante」が採用されており、LANケーブル1本で多チャンネル音声の伝送やPOE駆動に対応した電力供給も行えるなど、煩雑になりがちな遠隔会議運用の際の取り回しにも一役買う。遠隔会議用プロセッサーRM-CRの価格が240,000円(以下、税別)、シーリングアレイマイクロフォンRM-CGが600,000円となる。