「台風10号はきのう2日(2020年9月)の予想よりさらに勢力が強まる恐れが出てきました」とキャスターの水卜麻美アナウンサーが緊張した声で伝えた。日本近海の海面水温が高いためで、「スッキリ」はきのうの放送で6日から7日にかけてと見られる九州接近か上陸時点の予想中心気圧を940ヘクトパスカルと伝えたが、3日朝の予想は925ヘクトパスカル。気象庁は「特別警戒警報級の危険な台風」として、早めの対策を呼びかけた。

住宅も飛ばす最大瞬間風速70メートル級だ

925ヘクトパスカルというと、多くの住宅を吹き飛ばした1961年の第二室戸台風に匹敵し、この時は最大瞬間風速66・7メートルを記録した。去年(2019年)9月に千葉県で電柱1750本をなぎ倒して広範囲の停電をもたらした台風15号は960ヘクトパスカル。おととしに関西空港などを襲った台風21号でも950ヘクトパスカルだ。気象庁は「台風10号は甚大な被害の恐れがあり、これまでと同じ台風だと思うと、想像以上のことが起こる可能性もある」という。

気象予報士の藤富郷は「瞬間では風速70メートルもあり得る。歴史に残る被害の可能性もあります」と指摘した。

司会の加藤浩次「沖縄はあした4日から、九州から東海にかけては日曜6日から気をつけないといけない」