コカ・コーラ ボトラーズジャパンは、9月1日より自転車通勤を従業員に推進する社内規定運用を開始した。

電車など公共交通機関を通勤と手段とする従業員も選択できるようになった同社の新たな自転車通勤制度は、自転車利用距離が自宅から勤務地、自宅から最寄駅、最寄駅から勤務地の区間で1.5km以上の全従業員(派遣社員は除く)に対して、手当や駐輪場代などを支給する。公共交通機関の交通事情や天候などの理由で柔軟に選択できるもので、電車の混み具合を判断し、自転車を選択するというスマートな通勤も可能になる。なお、ヘルメット着用や自転車保険への加入が義務付けられている。

各々のスタイルで通勤する同社の従業員。なお服装は同社のドレスコードに沿ったカジュアルで"さわやか"なものだ(同社資料より)

同社は、全社員へのスマートフォン配布やスーパーフレックス制度の導入などwithコロナ時代に対応する柔軟な働き方を推進しているが、"総合飲料企業として従業員自らが活動的かつ健康的なライフスタイルを送る"ことを実践し、運動やストレス軽減にも寄与する健康経営に取り組んでいくことを述べている。

折り畳みや電動をはじめ、以前と比べると手ごろなラインナップも充実してきた自転車だが、混雑がひどい電車通勤を回避できるうえ、従業員の運動不足の解消にもつながる。従業員の健康的な通勤選択肢としてのニーズは高まりそうだ。