IU、新型コロナウイルスの現場で働く看護師のため約900万円相当のアイスベストを寄贈

写真拡大

IU(アイユー)がまた良い影響力を見せた。

31日、大韓看護協会によるとIUは、愛の実社会福祉共同募金会を通じて1億ウォン(約900万円)相当のアイスベスト約4600枚を寄付したという。大韓看護協会はIUから寄贈されたアイスベストを、新型コロナウイルスの現場で防護服を着て暑さに苦しむ看護師のために、韓国全国の選別診療所及び医療機関に送る計画だ。

今年6月から大韓看護協会は国家指定病院と専担病院、選別診療所などに新型コロナウイルスの対応に必要な応援物品を伝えてきた。

何よりもIUの善行は今回が初めてではない。彼女は今年2月にも新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2億ウォン(約1783万円)を慈善団体に寄付しており、最近の韓国での集中豪雨による被災者が増えると、希望ブリッジ全国災害救護協会に1億ウォン(約900万円)を寄付した。