第2形態の彼女が登場する日もそろそろ近いのでは?

写真拡大

 男女の友情は成立するのかどうか。古から議論が交わされてきたこの問題、音楽やスポーツのレジェンドたちは「する派」だったようだ。「悪そうなやつは大体友達」と歌ったJ-HIP HOP界の雄・Zeebraはリゾートお泊まりと濃厚キスを報じられ、有名ハンドボール選手・宮崎大輔氏は同棲をキャッチされている。問題は両者とも既婚者であること。しかし両者とも「お相手は友人」「一緒に住んでいるがつきあっている関係ではない」という釈明をした。さすが各界の功労者は、男女の隔てなく濃密な人間関係を築くのが上手なようである。

 ただ2人とも、どうせなら先にベッキーとお友達になっておくべきではなかったか。彼女の不倫が大炎上したのは、「友達で押し通す予定!笑」というLINEが流出したことも大きい。あの騒動は4年前だというのに、いまだに略奪愛報道では蒸し返される始末だ。人の噂も七十五日と言うのに、千日経っても言われ続ける苦しみ。それだけ「友達」との火遊びの代償は大きいことを、彼らもベッキーから教わっていればよかったのにと思わずにはいられない。

第2形態の彼女が登場する日もそろそろ近いのでは?

 明らかに不倫なのに「友達」と言い切った例は、ベッキー以外にもある。ラブホテルに入るのを撮られた高橋由美子や、山本モナもそうだ。かつて今井絵理子議員からは「一線は越えていない」発言があったが、上品ぶっているが下世話な想像をさせてたいそう面白かった。また好感度が高かった旬のタレントなのに不倫をした女性という点では、矢口真里もあてはまる。しかし略奪愛報道で常に名前を出されるのは、ベッキーなのだ。そう考えると、ある意味すごい芸能人ではないだろうか。今や結婚し子どももいる身にとっては、自業自得とはいえ、本当にやめてほしい風潮に違いない。しかし、だからこそ、芸能界の不倫騒動を心底なくしたいと考えているのは、ベッキーなのではないだろうか。

ベッキーはもはや新しい不倫の「単位」? キャラ変えができないデメリットは略奪愛の抑止力になるか

 東出昌大や渡部建など、優等生キャラが不倫をすれば「ベッキーの時も…」。それはまあわかる。しかし木下優樹菜や小島瑠璃子のような、事実がはっきりしない時でさえ「ベッキーの時は…」である。ちなみにこじるりは略奪愛ではないと関係者が明言しているが、お相手に別のタレントとの不倫疑惑が持ち上がった。それゆえ再びベッキーに飛び火している状況だ。ベッキーという単語はもはや略奪愛の新しい単位にも思える。こじるりは1ベッキー、Zeebraは30ベッキー、みたいな。

 不倫相手だった川谷絵音は、ばんばんバラエティ番組にも出ている。一方、ベッキーはほとんど出演番組がなく、名前だけが独り歩きしている状態だ。彼女自身は早く路線変更をしたかったのだろう、2019年の結婚後すぐに子どもを授かっている。ママタレとしてすぐに復帰できずとも、いつかはと考えていたのではないか。しかし相次ぐ芸能界の不倫ラッシュで、なかなかイメージが払拭できない状態だ。

 悪名は無名に勝る。そういう点では、ベッキーは強さを証明し続けている。しかし、ネガティブなポジションをキープしていても、タレントとしての生活は回らない。結婚相手がアスリートというのもネックだ。夫である片岡治大氏は巨人の2軍コーチだが、病気やケガなどの体力的な問題が出てきた場合、ベッキーが家計を支えなくてはならない。

 そう思うと、キャラ変更を急がなくてはならないだろう。まずは続々出てくるタレントたちの、不倫の早期解決が必要だ。明るみに出る前の、火種のつぶし方について。明るみに出た場合の、炎上しない謝罪について。自分の失敗をもとに、知識が求められる時が来たのではないだろうか。過去の騒ぎを逆手にとって、不倫コメンテーターとして活動する金子恵美元議員夫婦らもいるほどだ。

 持つべきものは友より仕事。ベッキーは日ごと、そうかみしめていることだろう。第2形態の彼女が登場する日も、そろそろ近いのではないだろうか。

Zeebraに石田純一…頑張る娘の足をひっぱる父親たちの主役感覚

 見出しの韻の踏み方がまだまだだと怒られるだろうか。「覚悟決めんのはお前だKJ」と、かつて降谷建志をディスっていたZeebra、まさに自分が正念場である。葉山で美女との旅行やキスが週刊誌によって暴露され、「公開処刑」の憂き目にあっている。マズイことに娘のリマが、話題のNiziUメンバーとして大ブレイク中。すぐに謝罪文を出したものの、娘の顔に泥を塗るなと批判を浴びているようだ。さらに妻である元CanCamモデル・中林美和が、Zeebraのモラハラを思わせるようなツイートをしていたことも蒸し返された。祖父(戸籍上は養父)であるホテルニュージャパンの横井英樹の名前も出され、代々の乱倫ぶりもワイドショーで取り沙汰される始末。外車を乗り回しミスコン美女を愛人にし、挙句の果てに撃たれるわ服役するわ、おじいちゃんの方がよほどギャングスタ感がある。

 時を同じくして、再びコロナ禍での飲み歩きが批判を浴びている石田純一。彼もまた、懲りない父親である。現妻・東尾理子との間には3人の子どもがいるが、前妻・松原千明との間にもすみれがいた。彼女もまた、石田純一の「不倫は文化」によって受験に失敗、その後も「文化の子」などといじめにあうなど苦労させられたクチである。

 リマもすみれも美人で歌がうまい。そしてめちゃくちゃ謙虚である。2世タレントといっても安易に調子に乗らない姿勢は、父親のやんちゃぶりが落とした影も大きいだろうと思わせる。実に不憫なものだ。

 それだけできた娘がいるというのに、Zeebraも石田純一も、なぜ娘や妻に迷惑をかけ続けるのか。高身長で高収入でモテるから。それもあるだろう。しかし最も大きいのは、育ちが良いお坊ちゃんゆえ、という恵まれたバックグラウンドが大きい気がする。生まれたときから主役体質。優先するのは周りよりも自分である。ちなみに石田純一は、週刊誌に撮られた回数が芸能界一多いらしい。次に撮られたらもう離婚とも報じられているが、学習しないタイプということか、撮られても我が道を行きたい頑固なタイプのどちらかである。どちらにせよ、家族にとっては頭の痛いタイプであることは確かだ。

 Zeebraの妻・中林美和の著作と、石田純一の元妻・松原千明の本を読み比べたが、驚くほど共通点が多い。いわく、「スマートでジェントルメン(中林)」「優しくて誠実(松原)」といった第一印象。しかし、2人とも家庭は顧みず、娘の行事や記念日などもないがしろにされていたという。そして増えていく、聞きたくもない噂。耐えきれず娘を連れだした家出。切ないのは2人の女性とも、「アーティストの妻だから」「役者の女房だから」と、ギリギリまで夫を立て続けたことである。逆に言えば、そういう従順な「できた妻」によって、彼らは生来の主役体質を増長させてきたのではないだろうか。

共通する偉大なる祖父の影 できた妻と正反対の女性を連れ歩く心理

 Zeebraの祖父は超有名な実業家だが、石田の祖父は区議も務めた元新聞記者だそうだ。有名な祖父を持つということは、それぞれの人生にそれなりの影響があったと思われる。Zeebraは自伝で「2世といっても嫌われ者の2世」「殺人犯の孫と言われた」と明かしている。そうした葛藤こそがHIP HOP界での成功を後押しすることにもつながっただろう。石田の祖父は国政に出るが夢破れたというが、その後石田は都知事選への出馬の意向を表明した。すぐに撤回したが、妙な因果を感じたものだ。

 2人とも、偉大な祖父を超えようとするかのように、業界での立身出世を追い求めてきた。その反面、家庭を見つめることは二の次になっていたのではないだろうか。事実石田は、松原との離婚にあたって「家族は愛していたが家庭は愛せなかった」の迷言を残している。

 石田の不倫相手として有名だったのは長谷川理恵だが、ワガママ放題だったのは有名だ。Zeebraの相手も、露出度の高いドレスにブランドバッグを持ち、自己顕示欲の強そうな女性だった。もしかすると、彼らはお坊ちゃんゆえに、上昇志向の強い女性にひかれる時があるのかもしれない。でも結局終わりを迎えるのは、主役体質どうしだから。浮気相手との破局は、結局主役体質であることの裏返しのように思う。

 Zeebraはラッパーだけなく、クラブカルチャーや次世代の育成など、プロデューサー的立場も担ってきた。石田もスキャンダルにめげず、トレンディ俳優からバラエティタレントへと主戦場を移している。2人とも変化を恐れず順応してきたからこそ、競争の激しい業界で生き残ってきたのだ。そういう育ちの良さゆえのおおらかさやタフさが、家庭で発揮されたらどんなに心強いか。偉大なる祖父より、偉大なる娘たちのために、再起してほしいものだ。

冨士海ネコ

2020年8月30日 掲載