◆キーンランドCの「穴馬」はこちら>>

 2歳世代のマイル重賞、GIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)が8月30日に行なわれる。

 過去10年で1番人気は4勝、2着2回、着外4回。それなりの成績を残しているものの、8番人気以下の伏兵馬が頻繁に馬券圏内(3着以内)に突っ込んできており、波乱含みのレースである。中日スポーツの大野英樹記者もこう語る。

「過去2年は1番人気が勝利し、2着にも2、3番人気が入って、わりと平穏な決着で収まっていますが、2016年には1番人気のモーヴサファイアが8着、2017年にも1番人気のムスコローソが12着と惨敗。この時期の2歳馬の評価はあてにならないこともあって、穴党も楽しめるレースと言えます」

 実際、2010年には3連単の配当が80万円超えを記録。他の年にも、オイシイ配当がしばしば生まれている。

 では、そうしたレースにあって、どんな馬が狙い目となるのか。日刊スポーツの太田尚樹記者はこんな見解を示す。

「近年の結果を見てみると、2013年の勝ち馬ハープスターと、2着イスラボニータは別として、ここで上位になった馬たちはその後、あまり活躍できていません。過去10年の勝ち馬を例にとっても、のちに重賞を勝ったのは3頭だけ(2010年のマイネイサベル、2013年のハープスター、2015年のロードクエスト)。つまり、将来性を含めた潜在能力よりも、現時点での完成度を重視すべきではないかと思います」

 そこで、太田記者が穴馬候補に挙げるのは、ロードマックス(牡2歳)だ。

「名門・藤原英昭厩舎のディープインパクト産駒ですが、そのわりに下馬評はさほど高くありません。それに、この厩舎は2歳馬を無理使いせず、十分に休養させながら成長を促していく基本方針がありますが、そんななかで、夏の2歳重賞に挑戦してきた、というのが注目に値します。

 最近5年を見ても、藤原厩舎の管理馬が2歳重賞に出走したのは、延べ8頭だけ。そのうち、4頭が馬券に絡んでいますから、狙わない手はないでしょう。

 藤原調教師も、ロードマックスについて『今の時期に使えるのがいい』と好評価。重賞でも十分に戦える完成度と判断しての出走だと見ています」

 そんな馬がなぜ人気にならないのか。デビュー勝ちを飾った前走の2歳新馬(6月28日/東京・芝1600m)が、各陣営が参考外にしたくなるほどの不良馬場で行なわれたからだ。その分、良馬場での競馬、さらには速い時計に対応できるかどうかが、不安視されている。

 だが、太田記者はそれらの点についても、何ら不安はないと言う。

「父がディープインパクト。良馬場なら、さらにいい走りができるのではないかと思っています。母パーフェクトトリビュートも、英国の重賞勝ち馬。血統背景は世界レベルですから、ここでも勝ち負け必至でしょう」


新潟2歳Sでの一発が期待されるブルーシンフォニー

 一方、大野記者は、昨年ウーマンズハートでこのレースを制したゴドルフィン陣営が送り込む、ブルーシンフォニー(牡2歳)に注目する。

「デビュー戦となった前走の2歳新馬(6月21日/東京・芝1600m)の内容が、同馬の力を示すもの。スタートで後手を踏んだうえ、直線を向いてからも進路が開かずに前が壁になり、とても"リズムのいいレース"とは言えませんでした。それでいて、後続に1馬身4分の1をつける快勝。ゴール前の伸び脚には、まだ余力を感じさせるものがありました。

 加えて、2着に退けた評判馬のカランドゥーラがその後、格上挑戦したオープン特別のコスモス賞(札幌・芝1800m)で僅差の2着。ブルーシンフォニーのデビュー戦の結果については、なおさら評価すべきでしょう。重賞でも末脚の破壊力はヒケを取らないと思いますし、期待が膨らみます」

 大野記者はもう1頭、気になる馬がいるという。すでにメンバー最多の3戦をこなしているファルヴォーレ(牡2歳)だ。

「馬体重が430kgを切る小柄な馬で、デビュー戦(6着。6月6日/阪神・芝1600m)、2戦目の未勝利戦(4着。6月27日/阪神・芝1400m)は、阪神のタフな馬場が合わなかった印象があります。

 現に、平坦コースの新潟で行なわれた前走の未勝利戦(7月26日/新潟・芝1400m)では、明らかに先行有利な展開のなか、鋭い決め手を繰り出して快勝しました。まだ非力な面がありますが、再び直線に坂のない新潟であれば、一発があっても不思議ではありません」 夏競馬もはや、今週を含めて残り2週。いよいよ、注目レースが続く秋競馬へと突入していくことになる。準備すべきは、それに向けての資金作りだ。ここに挙げた3頭が、そのサポートをしてくれる可能性は大いにある。