◆「再生回数女王」森香澄アナの厳選カット集>>

 8月30日、札幌競馬場でG轡ーンランドC(芝1200m)が行なわれる。

 このレースは2006年に設立され、今回が15回目の開催となる歴史の浅い重賞。2011年の勝ち馬カレンチャン、2014年8着のスノードラゴン、昨年2着のタワーオブロンドンが、そのあとにG汽好廛螢鵐拭璽今咫蔽羯魁深1200m)を勝利しているように、スプリンターズSを占ううえでも重要なレースになっている。


キーンランドCで重賞3勝目を狙うダイアトニック

 レースの傾向としては、2018年ナックビーナス、2019年ダノンスマッシュと2年連続で1番人気馬が勝利しているが、2008年には16番人気のタニノマティーニ、2017年には12番人気のエポワスが優勝と、人気薄馬の好走も目立っている。人気馬、穴馬のどちらからも狙えるレースと言えるだろう。

 好走馬の前走を見ると、G携ヾ曠好廛螢鵐硲咫僻ヾ曄深1200m)出走馬が5勝、2着4回、3着6回とダントツの成績を残している。函館スプリントSは競走除外だった昨年の勝ち馬ダノンスマッシュを含め、2010年ワンカラット(函館スプリントS1着)、2011年カレンチャン(同1着)、2014年ローブティサージュ(同2着)、2018年の勝ち馬ナックビーナス(3着)が、函館スプリントSからの出走でこのレースを勝利している。

 今年は、函館スプリントSから3頭が参戦予定。1着のダイアトニック、2着のダイメイフジ、4着のフィアーノロマーノと上位入着馬が揃っており、これらの馬が好走する可能性が高い。

 中でも有力視されるのがダイアトニック(牡5歳/栗東・安田隆行厩舎)だ。

 同馬は昨年のG競好錺鵤咫糞都/芝1400m)で重賞初制覇。続くG汽泪ぅ襯船礇鵐團ンシップ(京都/芝1600m)は10着と敗れたものの、今年に入ってからG卦都金杯(京都/芝1600m)2着、G刑綉淒奸糞都/芝1400m)は2位から降格しての3着、G宜眈承楜念(中京/芝1200m)は4位からの繰り上がりで3着と安定した走りを続け、前走の函館スプリントSで重賞2勝目を挙げている。

◆キーンランドCの穴馬候補>>

 函館スプリントSの内容が実によかった。スッと好位2番手につけ、道中やや行きたがるところも見せたが、直線に入って追い出されると、あっという間に逃げたダイメイフジを交わす。最後は2馬身差をつけ、ゴール前では手綱を抑える余裕があった。

 良馬場の芝1200m重賞で2馬身以上の差をつけて勝つのは簡単なことではなく、ここ2年では2018年シルクロードS(京都)のファインニードル、2019年セントウルS(阪神)のタワーオブロンドンだけ。2頭ともその後G鞠呂砲覆辰討い襦勝ちタイムの1分07秒5もレース史上2位の好タイムだった。この内容や春の高松宮記念の走りからも、G亀蕕領呂了ち主というのは明らかで、キーンランドCでも上位を争うのは必至だ。

 これまでの成績を見ると、4着以下に敗れている3回はいずれも1600m戦。1400m以下では9戦6勝2着2回という成績を残している。芝1200mに出走したのは今春からだが、スプリント戦のほうが適性が高かったのだろう。前走同様の「洋芝1200m右回り」という条件だけに、凡走は考えにくい。この馬を中心に馬券を組み立てるのが手堅いだろう。

 2番手には別路線組からイベリス(牝4歳/栗東・角田晃一厩舎)を挙げたい。同馬は3歳時にG轡◆璽螢鵐肇鵤叩丙綽澄深1600m)を勝利。重賞勝ちは1600mだが、1200mも6戦して2勝、3着2回と好成績を残している。

 昨年のG競札鵐肇Ε襭咫丙綽澄砲韮鈎紊貌っているように、重賞で勝ち負けできる力はある。前走のOP特別UHB賞(札幌/芝1200m)でも3着に入った。今回が休み明け3戦目となり、さらなる上昇が見込めそうだ。

 血統を見ると、父はダイアトニックと同じく、名スプリンターのロードカナロア。姉はG轡▲ぅ咼好汽沺璽瀬奪轡紂平軍磧深1000m)を2回、G桂牟綵5念(小倉/芝1200m)など、芝1000〜1400mの重賞を計5勝したスプリンターのベルカントという良血だ。姉も3歳時に重賞を勝ち、その後はやや苦戦しながらも、4歳の夏に重賞2勝目を挙げている。姉に続けるか注目だ。 以上、今年のキーンランドCはダイアトニック、イベリスのロードカナロア産駒2頭に期待する。