漫画サイト「GANMA!」より

写真拡大

安倍晋三首相が体調を考慮し、2020年8月28日午後に辞任表明した。ツイッター上では安倍首相も患う国指定難病「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」を描いたエッセイ漫画に注目が集まっている。

「腸よ鼻よを読んでからは、安倍さん頑張ってたんだな...って」

難病情報センター公式サイトの解説によれば、潰瘍性大腸炎(指定難病97)は、大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患とされる。下血を伴うこともある下痢や腹痛を頻繁に起こすことが特徴とされ、国内の患者数は16万6060人(2013年度末)にのぼる。

ツイッター上では、潰瘍性大腸炎を患う島袋全優さんが描くエッセイ漫画「腸よ鼻よ」に注目が集まっている。同作は、マンガアプリ「GANMA!」で連載されている「闘病ギャグエッセイ漫画」。島袋さんの闘病の様子をユニークに描いている。ファンからは「病状は絶対笑えないけど笑うしかない」と好評だ。同作のファンからは、

「潰瘍性大腸炎って今までピンとこなかったけど、腸よ鼻よを読んでからは、安倍さん頑張ってたんだな...って思うようになった」
「安倍さんの病院が持病関係かはまだわからないけど私はこの漫画読んで潰瘍性大腸炎がどれだけ辛くて大変な病気なのかわかったからほんとゆっくり休んでくれという気持ち」

といった声が上がっている。

さらに作者の島袋さんも、

「潰瘍性大腸炎がトレンドに入ってますけど潰瘍性大腸炎の作家が描いてるエッセイ漫画があるんですけどね!!???」

とツイッター上で漫画のリンクを投稿した。

潰瘍性大腸炎がトレンドに入ってますけど潰瘍性大腸炎の作家が描いてるエッセイ漫画があるんですけどね!!???#腸よ鼻よ  #潰瘍性大腸炎 pic.twitter.com/B0n3zsqo28

- 島袋全優????腸鼻3巻6月30日発売 (@shimazenyu) August 28, 2020