ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 人気タレントの退所が相次ぐジャニーズ事務所で、稼ぎ頭「」の動向に注目が集まっている。

櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

 今年いっぱいで活動休止に入るが、新国立競技場でのコンサートなど、新型コロナウイルス蔓延の影響で延期や中止が相次いでいる。そこで秋以降の巻き返しを狙っていたが、さらなる感染拡大でメドが立たなくなった今、オンラインでのコンサートのライブ配信を検討しているという。

「メンバー5人には、ファンに自分たちの口で感謝を伝えたい気持ちが強いうえ、オンラインコンサートで配信すれば、ファン全員が見ることができる。抽選に漏れ、悲しい思いをするファンがいなくなるし、いいのではないかというのですが」と、スポーツ紙芸能デスクは言う。

 嵐のFC(ファンクラブ)は会員数が約300万人とも言われ、コアなファンになるとコンサートのチケット欲しさに両親や兄弟の名前でも加入し、ひとりで何口も会員番号を持っていたりするのだという。

「ライブ配信でやれば、コアであれどうであれ、FC未加入のファンからも『取りっぱぐれ』なく稼ぐことができる。オンラインでも通常コンサートと同等かそれ以上の売り上げを見込んでいるのではないか」という見方も業界からは上がっている。

 嵐といえば、2018年から19年にわたって開催したデビュー20周年記念ツアーで500億円もの高収益をジャニーズは得たとされる。プロ野球球団の優勝時、東京ディズニーランドの年間売り上げを引き合いに出す専門家もいた。

「コアなファンになると、同じツアーでも何度も違う会場に足を運び、同じアルバムでも、限定版だったりシングルカットされた楽曲まで、すべて買い求めてくれるのですから、凄いのです」(担当記者)

■活動休止後もファンクラブは存続?

 ジャニーズ事務所は20日、公式サイトで、新型コロナの感染拡大を受け、年内に開催が予定されていたアリーナクラスの大型公演を全公演中止。それでも「ジャニーズネットオンライン」での映像配信公演に切り替えるなど、コロナ禍のなか、手をこまねいているわけではないのだ。

「FCは年会費が4000円で、新規入会の場合、入会費1000円が別途入ってくる。嵐を解散ではなく、活動休止としている裏には、活動休止ならばFCを存続させることができ、そこでの収益を見込めるからでしょう。運営費はそうかからないし、たとえ年4回程度の会報程度でもあわよくば100億円規模の収益が入ってくるのです」とさる芸能関係者は言う。

 ジャニーズ流ビジネスはコロナ禍でも実にしたたかである。