病気による休暇・休職中に旅行や地域行事に参加 堺市職員を停職

ざっくり言うと

  • 大阪・堺市は27日、建設局の男性職員を停職2カ月の懲戒処分とした
  • 職員は、病気による休職・休暇中に、旅行や地域行事に参加していたという
  • 「復職に向けた治療の一環。遊びという認識ではなかった」と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x