2PM ニックン、演技に対する意欲を語る「メンバーたちのようにもっと上手くなりたい…悪役にも挑戦したい」

写真拡大 (全4枚)

2PMのニックンが、演技への情熱を見せた。

26日午後、2PMのニックンはNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」の「全知的クン視点 EP.02」でファンとコミュニケーションをとった。

彼は俳優として演じてみたい役について「僕はまだ俳優としては初心者だと思う。ジュノやチャンソンのようにもっと上手くなりたい。もちろんテギョンもいる。2PMのメンバーたちのように上手く演じたい」と話した。

ニックンは「僕にとって挑戦となる役を演じてみたい。『アスダル年代記』では、無口で表情も一つだった。他のドラマでは優しいイメージの役が多かった。だから、悪役や普通から逸脱できる役を演じてみたい」と述べた。

また「僕も難しい役ができると認められたい」と情熱を見せながらも「けれど、まだ道は遠い。演技のレッスンをたくさん受けないと」と謙遜した。

さらに「タイのホラー映画に出演した」と明かしたニックンは「そっちではトーンがかなり違う。ホラーなので、演技のトーンが違っていたけれど、僕の新しい一面を見ることができると思うので、期待してほしい。(コロナの)状況的に、公開時期は全く分からない」と残念がった。

ニックンは9月5日にJun. K、ウヨンとオンラインで開催されるスペシャルイベント「テヤンヒョンゴム Special Day」を開催する。彼は「ギターを弾きながら歌いたい。けれど、その姿を見ることができるかどうかは当日確認してほしい。たくさんのことを準備しているが、全てできるのであれば本当に楽しいと思う」と伝え、期待を高めた。