新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続くなか、実店舗をもつ企業は顧客にアピールするクリエイティヴな方法を考え出さなければならなくなった。化粧品の販売業者の場合、それは顧客とのヴァーチャルな交流方法である。

「コロナ禍でメイクレッスンのオンライン化が続々、受講して見えたYouTube動画との決定的な違いとは」の写真・リンク付きの記事はこちら

例えば、「Ashley Adams Beauty」、「Noleen Sliney」「Blushington」といったブランドは、パンデミック以前は撮影スタジオやロケ現場でメイクを施していた。それがいまは、ヴィデオ会議ツール「Zoom」で多様なメイク教室を展開している。

そこでオンラインのメイク教室が受講に値するのか、それともYouTubeでの無料のメイク動画を観たほうがいいのか確かめてみることにした。Blushingtonの1時間コースを実際に受けた上で、さまざまなメイクアップアーティストや美容系企業の担当者に話を聞いてみたのである。

セルフケアとしてのメイク

たとえ自宅で過ごすことが増えても、メイクを欠かさない人もいる。

個人的には、メイクとは常にリラックスの手段だった。JennySue Makeupを経営するメイクアップアーティストのジェニファー・デュヴァルは「Medium」への投稿で、メイクは創造性を表現する手段であり、日々のルーティーンであり、集中力を高める上で役立つものであると書いている。

デュヴァルはパンデミックの初期から、オンラインで個人向けのメイク教室を開いている。その結果に、彼女はうれしい驚きを隠せないでいる。

「お客さまと直接対面しなければ、プライヴェートなメイクアップレッスンはできないと思い込んでいました。いま思うと、その思い込みのせいで顧客を地元ジョージア州のアセンズやアトランタ周辺在住の人たちに限定してしまっていたわけです」と、デュヴァルは言う。「いまでは遠くイリノイ州やアリゾナ州、ロードアイランド州の人たちに向けたレッスンもしています」

不思議なことにオンラインレッスンでは、かなり実践的かつインタラクティヴなやりとりができることがわかった。

パンデミック以前の対面レッスンでは、デュヴァルはまず生徒の顔の片側に自らお手本のメイクを施してから、残り片側を使ってメイク術を教えていた。しかし、いまはデュヴァルが画面越しに見守るなか、生徒が自分で顔全体にメイクしなければならない。結果として、顧客はメイクをより早く習得できるとデュヴァルは考えている。

「オンラインレッスンを通じてあらゆる場所の女性たちとつながれることに、やりがいを感じています。これがあるから、わたしはメイクが好きなんです」と、デュヴァルは言う。「特に、何もかもが張り詰めていて先が見えないいま、自分でコントロールできるメイクは、ある種のアートセラピーやセルフケアになりえます」

生徒の細かな好みやニーズに対応

一日中いつでも視聴可能なYouTubeは、無料で使える素晴らしい情報源だ。メイクのレッスンや化粧品のレヴューも無限にある。だが、プロによるオンラインの個人レッスンは、もっと個人的で一歩先を行く内容だ。

美容部員がもつプロ仕様の道具を使う実店舗でのレッスンとは異なり、オンラインレッスンでは受講者の自宅にある道具を使うことになる。それゆえ、習ったメイクを生徒があとから再現することも簡単だ。

「1対1のサーヴィスやレッスンによって、お客さまの特別なご要望に完璧に応えたり、それぞれに適したお手伝いができるのです」と、Glamsquadの創業者のジェイソン・ペリーは言う。Glamsquadは、Uberのようなオンデマンド方式で、メイクとネイル、ヘアケアに特化した美容サーヴィスを提供している。

「当社の(直接対面型の)個人レッスンであれば、お客さまが習得したいと思う技術やメイク、特徴をお選びいただけます。美容のプロがお顔の片側に実際にメイクを施し、もう片側はご自分で仕上げられるようにご指導いたします」

だが、パンデミックの初期に業務停止を余儀なくされたGlamsquadは、オンライン教室の営業も始めた。最近では美容の専門家を自宅に派遣するサーヴィスも再開したが、顧客も美容部員もマスクを着けなければならない。しかもメイクを施すことは禁止されており、美容部員は手袋をはめて使い捨てのエプロンを着なければならない。美容部員には、衛生管理の資格「BARBICIDE Certification」の取得および「BARBICIDE」による新型コロナウイルス対策プロトコルの遵守も義務づけられている。

顧客に1対1のオンラインなサーヴィスを提供することが、実店舗でのサーヴィス向上につながる可能性もある。パンデミック以前は、住んでいる場所によっては美容のアドヴァイスを受けられない人もいただろう。

「M·A·C」やセフォラ(SEPHORA)といったブランドの従業員も、その一部は美容のプロであったとしても、大半は単にメイクが好きな人たちかもしれない。多様な顧客それぞれに合う最適なヒントは知らないかもしれないのだ。

驚きのメイクレッスン

今回はダラスやロサンジェルス、ニューヨークに店舗を構えるビューティーサロン「Blushington」のオンラインレッスンを受けた。30分のクラスは1回25ドル(約2,600円)で、1時間のクラスは1回50ドル(約5,300円)。1セット6回のレッスンや、グループレッスンもある。

受講者は、スキンケアの短期集中コース、普段用のメイクを習うコース、アイメイク特化コースなど、何種類かのコースから受けたいレッスンを選ぶ。流行のメイクをマスターするなど、特定のメイク方法を教える個別レッスンもある。

ちなみに、わたしは美容の専門家ではないが、中学生のころからメイクをしている。アイシャドウなどの基本は押さえているつもりだ。しかし、“先生”であるスローンは、見たことがないテクニックを教えてくれた。

わたしはやや奥二重なので、アイシャドウは二重の線の内側に塗ってからまぶたのカーヴに沿って広げていくのではなく、二重の線の少し外側に塗ってからほぼ真っすぐな線を引くといいというのだ。このテクニックによって、わたしの目はたちまち大きく、生き生きとした印象になった。

「奥二重向きのアイシャドウの塗り方」で検索できたはずだと言うかもしれない。だが、そもそもわたしは自分が奥二重だなんて知らなかったのだ。

加えて、先生はわたしの間違いを指摘したり、それを修正する方法を指導したりもできる。また、彼女はレッスン中ずっと、わたしを励まし応援してくれた。こんないい気分は、録画済みのチュートリアルでは味わえない。

的確なアドヴァイス

大半のオンラインレッスンにおいて、受講生は使っている化粧品やメイクのやり方を先生に見せ、肌のタイプや気になる点を相談する。わたしはスローンに、普段使っている化粧品とメイク道具を見せた。そのほとんどはスローンが使っている商品ではなかったが、彼女は最初から最後までわたしがもっているものを使ってメイクを教えてくれた。

メイクアップアーティストは、受講者がもっていないいくつかの商品を勧めるかもしれない。スローンは、にきびができやすい乾燥肌のわたしに、肌の赤みを減らす保湿効果の高い化粧下地を勧めてくれた。それでもわたしは、実店舗で商品を勧められるときほど強制されているようには感じなかった。

スローンは、彼女が使っている商品のリストをメールで送ってくれた。わたしがもっている商品を使い終わったら参考にできるようにという配慮だ。細かいことだが、とてもありがたかった。

またBlushingtonでは、さまざまなブランドの化粧品を販売している。オンラインのメイク教室を受けると、同社のオンラインストアで使える2割引きのクーポンをもらえる。

あくまでYouTubeのレッスンを選ぶなら…

個人向けメイクレッスンはいまだ高額であり、そこに出費できることは幸運だ。こうしたなか、YouTubeはこれまで通り無料でメイク術を磨ける最適な場である。

メイクのアドヴァイスを探しているなら、好感がもてて、信頼できて、あなたと肌のタイプが同じユーチューバーを見つけよう。わたしが乾燥肌のユーチューバーに引かれるのは、その人たちが気に入っている商品がわたしにも合う場合が多いからだ。

YouTubeでメイク動画を観るなら、ユーチューバーのメイクスタイルや、化粧品やメイク道具が予算に合うものかも確かめたいだろう。そんなわけで、初めてのレッスンにふさわしいユーチューバーを下記に紹介する。

・RawBeautyKristiは、わたしのお気に入りだ。彼女はクルーエルティーフリー(動物を傷つけたり殺したりしていない)な化粧品のみを使っており、“財布に優しい”化粧品を優先的に紹介している。

・MakeupShaylaは、ドラッグストアで買える人気化粧品ブランドの「メイベリン」とコラボした最初のインフルエンサー。

・ジャッキー・アイナ(Jackie Aina)、アーネル・アーモン(Arnell Armon)、ダーセイ・アマンダ(Darcei Amanda)、サビーナ・ハナン(Sabina Hannan)は、白人が大半を占める美容業界で活躍中の才能溢れる非白人ユーチューバーたちだ。イスラム教徒でヒジャブを着用するサビーナは、イスラム教の祝日「イード・アル=アドハー」用メイクのチュートリアルなど、ヒジャブに合うメイク動画をアップしている。

・エリス・アトランティス(Ellis Atlantis)は、新進気鋭のメイクアップアーティストが技術を競う英国のテレビ番組「メイクアップ・スター」で優勝したドラァグクイーンだ。

・「LABeautologist」として知られるザ・ゴールデンRxはロサンジェルスのエステティシャンで、ネット上に熱心なファンも多い。厳密に言うと、彼女はメイク術を伝授しているわけではないが、スキンケアの助言にかけては彼女の右に出る者はいない。肌がくすんでいなければ、メイクはさらに美しく見える(透明感のある肌にする方法は、わたしもいまだに研究中だ)。

※『WIRED』によるファッションの関連記事はこちら。