日本代表、2020新アウェイユニフォームを発表!「白・白・赤」の組み合わせ

写真拡大

25日、サッカー日本代表の新しいアウェイユニフォームがadidasから発表された。

日本代表の新ユニフォームと言えば、昨年、『日本晴れ(ニッポンバレ)』をコンセプトとした斬新なスカイコラージュの採用で大きな話題を呼んだ。

Japan 2020 adidas Away

今回発表されたアウェイは、ホームと同じスカイコラージュを用い、迷いのない澄み切った心模様がひとつにつながっていく様を、濃度の違うホワイトで表現。

ひとりひとりの選手やサポーターが見てきた空と心模様がひとつになることで、雲ひとつない希望の空に向かっていく『日本晴れ』のコンセプトが完結することになる。

襟は着た際に立ち上がるVネックを採用することで、洗練されたスタイリッシュなデザインを追求。選手名と背番号、脇のスリーストライプスは鄢、袖はリブ仕立てとなっている。

アンビグラム作家・野村一晟氏とコラボレーションして開発した、コンセプトである『日本晴れ』の文字をひっくり返して読むと、「侍魂」「撫子魂」の文字が浮き上がるサインオフも、ホームユニフォーム同様採用。

ホーム・アウェイの連動したデザインは、『円陣』をコンセプトとした2014年モデル以来だ。

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートはこんな感じ。ソックスは、みなぎる闘志を表現したレッドがベースで、サブとしてホワイトも用意された。

オーセンティックユニフォームには、夏の暑い環境下でも衣服内を涼しく保つ、adidas最高峰の冷却機能を搭載した「HEAT.RDY(ヒート レディ)」を採用。新素材と新しい設計コンセプトによって通気性・速乾性・冷却性を促し、パフォーマンスの前後および最中に体温が上昇するアスリートの状態を快適に導く。

レプリカユニフォームには「AERO.RDY(エアロ レディ)」を生地素材に使用。水分をすばやく吸収できる疎水性が優れており、すべてのシーズンを通して、アスリートをドライで快適な状態に保つように設計されている。

【関連記事】古着でも欲しい!2000年代adidas「最高にかっこいいユニフォーム」10選

日本代表の新アウェイユニフォームは、adidasオンラインショップ、adidas直営店、サッカーショップKAMOにて、8月25日17:00より先行発売がスタート。全国の取扱店にて、9月1日に発売される。